現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 5ナンバーサイズで扱いやすい。ダイハツがコンパクトSUV「ロッキー」を発売

ここから本文です
ニューモデル 2019.11.5

5ナンバーサイズで扱いやすい。ダイハツがコンパクトSUV「ロッキー」を発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツは2019年11月5日、新型コンパクトSUV「Rocky(ロッキー)」を全国のダイハツ販売店で発売した。価格は170万5000(FF・L)~242万2200円(4WD・プレミアム)。

DNGA第2弾はSUVスタイルのコンパクトカー

    復活ロッキー】シティ派になれなかった、かつてのダイハツ ロッキー

ロッキーはダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA(ダイハツニューグローバルアーキテクチャー)」の第2弾として開発されたもの。

DNGAによる新技術はCASEへの技術対応とスピーディな商品ラインアップ拡充を同時に実現するために「一括企画開発」の手法を取り入れ、プラットフォームの構成要素を同時刷新するもので、2019年7月のフルモデルチェンジした軽自動車「タント」で初めて搭載された。今回発売した「ロッキー」はコンパクトカーとしては初の製品。DNGAの開発思想を同じくしながら、タントなど軽自動車用とは異なるプラットフォームを小型車向けに新開発。ちなみに、同日発売したトヨタに「ライズ」はOEM車で、DNGA製品が初めて他メーカー車にも採用されることとなった。

「ロッキー」は、全長が4m以下の3995mm、全幅は1695mm、全高1620mmで、DNGAによるパッケージング技術を生かし、取り回しのよいコンパクトな5ナンバーサイズのSUV。広い室内空間と大容量の荷室スペースを持ちながら、17インチの大径タイヤを採用、力強いデザインが特徴となっている。

ユーザーニーズに答える

開発の背景には、SUV市場が拡大するなか「レジャーなどのためにSUVが欲しいが、大きなクルマが苦手」という声も多く、SUVらしいデザインを実現しながら、運転のしやすいアクティブユーザー向けの良品廉価なモデルを目指して開発されたものだ。

こうしたことから、開発コンセプトを「アクティブ ユースフル コンパクト」とし、若々しくアクティブな生活を楽しむ人たちをメインターゲットに、レジャーから買い物などの日常生活まで、幅広いシーンで活躍できる製品を目指して開発。車両寸法を全長4m以下の5ナンバーサイズとしながら、最小回転半径を4.9もしくは5mとして取りまわしのよさを追求。インテリアでは前後席間(カップルディスタンス)で900mmを確保するなど、ゆったりと座れる快適な室内空間を実現した。

車高を高めたSUVスタイルならではなのが、視点の高さ。665mmの高いヒップポイントに加え、フロントウインドーの上下視界を31度(俯角+仰角)と広く取り、ボンネットフードの左右前端を見やすくすることで、見晴らしがよく、安心して運転できるドライビングポジションを獲得した。

使い勝手のいい広い荷室空間を実現

ラゲッジスペースは、最大荷室長755mm、最大容量369Lの大容量の荷室を空間を実現。レジャーや買い物などの日常生活で不満のないサイズとしている。また、荷室フロア下には80Lの容量を持つアンダーラゲッジがあり、付属の2段可変式デッキボードを活用すれば、荷室の高さや容量を変えることができる。さらに後席の背もたれは6:4分割可倒式のため、倒せば長尺ものの積載も可能となるなど、さまざまな使用シーンに対応可能だ。

力強く躍動感のあるエクステリアデザイン

コンパクトサイズとは思えない迫力のあるエクステリアデザインが目を引く。安心を感じさせる厚みのあるロアボディと、薄く軽快なキャビンを支える張り出したフェンダーと大径タイヤによりSUVらしさが強調されている。デザイン要素をシンプルかつ明快にすることで、コンパクトサイズながらクリア感と力強い存在感を演出した。横長のヘッドライト上部に配されるターンランプには、流れるように点灯するシーケンシャルタイプを採用。周囲からの視認性が高く、安全性と先進性を表現する。

アクティブ感や上質感を演出するゆとりのインテリア

インテリアでは、シルバー加飾を施した背の高いフロントコンソールを採用。高い位置にあるスポーティなシフトレバーと計器類がドライバー寄りに向けられたコックピットタイプのインパネデザインがSUVらしいワクワクする空間を表現している。G、Xグレードには、赤色の加飾をアクセントとして配しアクティブ感を表現。最上級グレードのプレミアムには革巻きのステアリングホイールやシフトノブ、ソフトレザー調のシートを採用するとともに、黒とシルバーの加飾を施し、上質感を表現している。

車内の各所に小物入れを充実させ、使い勝手を高めた。また、フロントコンソールの高さを生かし、コンソールサイド部にもポケットを設けるなど、デザインと使い勝手のよさを両立している。

メーターには先進性や上質感を表現したフル液晶のように見える「アクティブマルチインフォメーションディスプレイメーター」を採用。デザインを4種類用意し、ステアリングスイッチで任意に選択可能だ。

安心感を高める先進安全装備も充実

安全面にも抜かりはない。予防安全機能「スマートアシスト」の10種類の機能に加え、運転をサポートする「スマートアシストプラス」全7機能の合計17機能を搭載。今回新たに後方確認をサポートするブラインドスポットモニター(BSM)とリヤトラフィックアラート(RCTA)を採用した。

また、ダイハツ初のコネクティッドサービス「ダイハツコネクト」を初搭載したのもトピック。これは以下の3つのサービスを提供するものだ。

ダイハツコネクトサービス

事故や故障時にスムーズな対応を可能とする「つないでサポート」や、ドライバーの状況を家族などの見守り者にメールで送信する「見えるドライブ」、駐車位置情報やガソリン残量などのクルマの状況を記録してスマートフォンで確認できる「見えるマイカー」、車検や点検時期などをディスプレイへ表示するとともにメールで知らせてくれる「つないでケア」

ダイハツWi-Fi

ダイハツコネクト対応のディスプレイオーディオやカーナビゲーションの購入者を対象に、車内で使用可能なWi-Fiサービスを提供する。これは利用開始から3年間は1GB/月を無料で使える(所定の要件を満たす必要がある)ほか、より多くの容量を必要とする人に向けた有料プランも設定される。

スマホアプリ連携

9インチのスマホ連携ディスプレイオーディオをメーカーオプションで設定。SmartDeviceLinkやApple CarPlay対応のスマートフォンアプリをディスプレイ上で表示・操作可能で、安全性と快適に利用できる。

DNGAを採用し、基本性能を高めたプラットフォーム

DNGAによる新開発のプラットフォームは、先に「タント」で採用した軽自動車用のDNGA新プラットフォームに対して、骨格の通し方や足まわり部品の取り付けなどの考え方を共通としながら、コンパクトカーサイズに拡大された。骨格構造のスムーズ化や合理化を実施。部材の構造断点をなくすとともにハイテン材を最適配置することで軽量高剛性なボディとした。これにより高い乗り心地のよさを実現している。

また、サスペンションの取り付け位置および、ブッシュ特性、ばね定数、ショックアブソーバー特性を最適化。高い操縦安定性と乗り心地のよさを両立している。

1Lターボ+D-CVTでパワフルかつ省燃費性を両立

パワートレーンは1リットルターボエンジンに、スプリットギヤを用いた新開発のD-CVTとドッキング。1.5リットルクラス相当の動力性能を確保しながら加速性能を向上させたエンジンと、変速比をワイドレシオ化したCVTにより、優れた燃費性能や静粛性を両立させた。WLTCモード値はFF車で18.6km/L、4WD車は17.4km/Lだ。

また、アクセルのスロットル特性を最適化したことで、レスポンスやコントロール性も向上。低開度域はコントロール重視、中高開度域はレスポンスを重視した設定となっている。

新開発の4WDは電子制御で走行性能が向上

4WD車には、電子制御式カップリング機構を用いた「ダイナミックトルクコントロール4WD」を新開発して搭載。走行状態や路面状況を検知し、ECUで前後輪に細かなトルク配分を行うことで、機械式カップリングを搭載した車両に比べて安定した走行性能を実現。滑りやすい路面では後輪駆動力へ高めることでスリップを抑制し安定性を向上させるとともに、滑らない路面では後輪駆動力を下げることで燃費向上に貢献する。走行中のトルク配分はマルチインフォメーションディスプレイで確認できる。

新開発の4WDシステムではディファレンシャルギヤをボディ側に取り付けている。これにより、FF車同様にトーションビーム式サスペンションを採用でき、乗り心地や操縦安定性が向上。低床化も図れ、室内空間の拡大も実現した。

豊富なカラーバリエーションを展開

ボディカラーに新色の「コンパーノレッド」を採用。これは1963年に発売したダイハツ初の小型乗用車「コンパーノ」に由来する名前を取り入れたもの。光が当たると朱色に輝く高彩色が特徴。このほか全8色のモノトーンカラーを用意するほか、コンパーノレッド、シャイニングホワイトパール、ブライトシルバーメタリックの3色にはブラックルーフの2トーンカラーも設定する。

 

[バリエーション&価格]

〈1Lターボ・7速CVT〉
プレミアム:FF…220万円/4WD…242万2200円
G:FF…200万2000円/4WD…222万4200円
X:FF…184万8000円/4WD…208万6700円
L:FF…170万5000円/4WD…194万4800円

■プレミアム(4WD・7速CVT) 主要諸元[ ]内はG(FF・7速CVT) 【寸法・重量】 全長:3995mm 全幅:1695mm 全高:1620mm ホイールベース:2525mm トレッド:前1475mm/後1470mm 最低地上高:185mm 車両重量:1050[980]kg 乗車定員:5人 【エンジン・性能】型式:1KR-VET 種類:直3DOHCターボ 総排気量:996cc ボア×ストローク:71.0mm×83.9mm 最高出力:72kW(98ps)/6000rpm 最大トルク:140Nm(14.3kgm)/2400~4000rpm 使用燃料・タンク容量:レギュラー・36ℓ WLTCモード燃費:17.4[18.6]km/ℓ 最小回転半径:5.0m  【諸装置】サスペンション:前ストラット/後トーションビーム ブレーキ:前Vディスク/後L&Tドラム タイヤ:前後195/60R17

*製品仕様・価格(税込み)などは掲載時のもの

ダイハツ

https://www.daihatsu.co.jp/

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(driver@web 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します