現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > MotoGPワークスマシン技術を取り込んだ新型「ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード」を発表 ミラノショー2019

ここから本文です
ニューモデル 2019.11.5

MotoGPワークスマシン技術を取り込んだ新型「ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード」を発表 ミラノショー2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダは、イタリア・ミラノで11月6日に開催されるEICMA2019(ミラノショー)にスーパースポーツのトップエンドモデルとなる新型「CBR1000RR-R ファイアーブレード/CBR1000RR-R ファイアーブレード SP」を世界初公開すると発表した。

両モデルはMotoGPワークスマシン「RC213V」で培ってきた技術を取り込んだ。

    東京モーターショー2019の来場者数が100万人達成 脱・モーターショーが奏功

高剛性と軽量化を両立するアルミ製ダイヤモンドフレームに、新設計の水冷直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力は160kW/14500rpmを発揮する。チタン製のコンロッドやアルミ鍛造ピストンなどを採用することで、エンジンを軽量化と高回転化した。

足回りは対向4ポッドラジアルマウントタイプをフロントブレーキに採用した。

SPは、ブレンボ製フロントキャリパーやオーリンズ製の電子制御式フロントフォークを採用する。

また、ショーには欧州市場向けコミューターモデルの新型「SH125i/SH150i」も出展する。ホンダのスクーター初となる油圧式カムチェーンテンショナーリフターを採用した4バルブエンジン「eSPプラス」をスクーターに初搭載、出力向上と低燃費化を図った。燃料タンクをフロア下に移動し、シート下ラゲッジボックス容量を18Lから28Lに拡大した。

さらに、日本でも販売する予定の「Rebel500」の改良モデルも展示する。新デザインLEDを採用する。アシストスリッパークラッチの採用で渋滞時やロングツーリングでの快適性向上を図った。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(日刊自動車新聞 )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します