現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > プレミアム・ライバルを凌ぐ フォルクスワーゲンTロックR 300ps

ここから本文です
ニューモデル 2019.11.5

プレミアム・ライバルを凌ぐ フォルクスワーゲンTロックR 300ps

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフRと同じエンジンは300ps

text:Simon Davis(サイモン・デイビス)

    【画像】TロックRとライバル SQ2、X2 全89枚

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)


フォルクスワーゲン・ゴルフRを街で見かける機会は多くはない。ファリミー・ハッチバックとして、背の高く高性能なSUVに人気が移っているという、時代の変化の現れでもあるのだろう。

その今を受けたのが、フォルクスワーゲンTロックR。アウディSQ2やBMW X2 M35iなど、増え続けるスポーティなクロスオーバーに加わった新モデルだ。

SQ2やゴルフRと同様に、TロックRがベースとするのはフォルクスワーゲンのMQBアーキテクチャと呼ばれる骨格。エンジンはEA888型2.0L4気筒ターボだ。

最高出力300ps、最大トルク40.7kg-mと、同じエンジンを搭載するゴルフRとスペックも共通。7速デュアルクラッチATとハルデックス・カップリングを採用した4輪駆動システムを備える。

新しいアルミニウム製のサブフレームが用意され、通常のTロックより遥かにスポーティなサスペンション設定を得ている。ブレーキはゴルフRではオプションとなる、直径17インチもある高性能版が標準装備として付いてくる。

だがSQ2とは異なり、アダプティブ・ダンパーは695ポンド(9万円)のオプション。アクラポビッチ製のスポーツマフラーは、3000ポンド(41万円)で装着が可能だ。

今回の試乗車にはどちらも装備され、19インチの「プレトリア」アルミホイールを履いていた。8.0インチモニターのインフォテイメント・システムは、英国仕様の場合は標準装備だという。

印象的に高い横方向のグリップ力

試乗したのは南フランスのニース近郊。都市部ではTロックRのスポーティな側面はうまく丸められている。ひと目もさほど引かない。ダンパーの硬さを引き締めると、ボディの上下動は路面の凸凹に応じて感じ取れるようになる。強く揺さぶられて息が詰まるというほどではないけれど。

コンフォートモードでは柔軟性を感じられるが、小さな轍や橋桁の継ぎ目などを通過すると、それなりに騒々しい。それでもアウディSQ2やBMW X2 M35iより遥かに居心地は良い。

混雑したニースの街を抜け出して、内陸の自然公園が広がるコルドゥヴァンスへ続くワインディングへたどり着いた。すべてをレースモードにすると、TロックRは一変する。7速ATの変速ラグは最小限に縮められ、4気筒ターボエンジンは力強さを一気に増す。

何よりもTロックRで最も印象的なのが、横方向のグリップ力の高さ。4輪駆動システム「4モーション」の効果によって、アンダーステアを完全に打ち消している。ステアリングの操舵時の重み付けも素晴らしい。

リアタイヤがアウト側へ振り出される間もなく、フロントタイヤはコーナーの頂点目指して路面に食らいつく。テールがムズがる感覚も掴みやすいが、アスファルトを執拗に掴む粘り強さがTロックRの魅力を高めている。

車高が高いだけにボディーロールも小さくはない。だが素晴らしいルートを、ハイスピードで走らせる気持ちを削ぐほどの傾きではない。

ゴルフRを選ばなくても満足できる

一方で、運転席周りの雰囲気は少し期待はずれ。低グレードのTロックなら許容できたインテリアのプラスティック製パーツも、3万8450ポンド(534万円)もする高性能モデルには殺風景で不釣り合いに感じられる。SQ2やX2 M35iの方が、仕立ては上手だ。

実用性は高いまま。身重の高い大人でも充分に快適に座れる空間が、後部座席にも用意されている。荷室空間の容量は392Lで、SQ2の355Lよりは大きいが、X2 M35iの470Lには及ばない。

フランスでの短い試乗の印象としては、全体の仕上りとしてフォルクスワーゲンTロックRは、アウディSQ2やBMW X2 M35iを上回る内容を備えていると感じた。英国での評価は辛口になるかもしれないが、アウディやBMWのものより、フォルクスワーゲンのアダプティブ・ダンパーの感触はかなり良い。

クロスオーバーながら、郊外の飛ばせる道で走らせてもスピードや操縦性に不満は持たないだろう。こんな締めくくりをするのは初めてだが、運転好きなら「ゴルフRを選ぶべき」という言葉が当てはまらないほど、優れたクルマだと思う。

フォルクスワーゲンTロックRのスペック

価格:3万8450ポンド(534万円)
全長:4234mm
全幅:1819mm
全高:1573mm
最高速度:249km/h
0-100km/h加速:4.8秒
燃費:11.8km/L
CO2排出量:-
乾燥重量:1575kg
パワートレイン:直列4気筒1984ccターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:300ps/5300-6500rpm
最大トルク:40.7kg-m/2000-5200rpm
ギアボックス:7速デュアルクラッチ・オートマティック

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN AUTOCAR JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します