現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ランドローバー ディフェンダー 新型、日本向け特別仕様の予約開始 価格は489万円から

ここから本文です
ニューモデル 2019.11.2

ランドローバー ディフェンダー 新型、日本向け特別仕様の予約開始 価格は489万円から

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは3日より、新型『ディフェンダー』(Land Rover Defender)の先行予約を、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて開始する。新型ディフェンダーはフランクフルトモーターショー2019でワールドプレミアされた。

今回、先行予約を開始するのは、日本市場向けに最初に生産される150台で、「ディフェンダー90 Launch Edition」と「ディフェンダー110 Launch Edition」の2種類。3ドアボディの「90」が15台、5ドアボディの「110」が135台。スタート価格は489万円からに設定し、デリバリーは2020年夏から順次開始予定だ。

    レトロ? 未来? 荒野? 都会? 新型ディフェンダーの欲張りすぎる生まれ変わりは吉と出るか?

新型ディフェンダーは、ランドローバーのアイコニックなモデルを21世紀仕様に刷新し、高い走破能力と耐久性を有する四輪駆動車だ。ひと目でディフェンダーとわかるシルエットに、ルーフ後方の「アルパインライト」ウィンドウ、横開きのテールゲート、外付けスペアタイヤなどを新たな形で取り入れた。また極限環境向けに開発した「D7x」アーキテクチャーを採用した、軽量アルミニウムのモノコック構造、はランドローバー史上最も頑丈なボディ構造になったという。

Launch Editionは、2.0リットル直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン(最高出力221kW/最高出力300PS・最大トルク400Nm)を搭載し、「90」はコイルサスペンション、「110」はエアサスペンションを組み合わせた。「110」のレザーシート仕様は3列シートで最大7名の乗車が可能となる。

ジャガー・ランドローバーの新型インフォテインメント・システム「Pivi Pro」を初採用し、より直観的なインターフェースに進化させた。無線通信でソフトウェアのアップデートができる「Software-Over-The-Air(SOTA)」を採用した。

なお、Launch Editionの成約記念品として、「LEGO Technic Land Rover Defender」を用意した。レゴブロック2573ピースを使ったスケールモデルだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 高木啓)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します