現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ミュージアム閉館 ポルシェ、VWがオークションに RMサザビース・タージ・マ・ガラージ

ここから本文です
ニューモデル 2019.11.1

ミュージアム閉館 ポルシェ、VWがオークションに RMサザビース・タージ・マ・ガラージ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョン・ディクソン氏のコレクション

text:Kazuhide Ueno(上野和秀)

    【画像】タージ・マ・ガラージ・コレクション・セール 全45枚

photo:RM(Darin Schnabel、Corey Escobar)

ポルシェに魅せられたことから始ったタージ・マ・ガラージ・コレクションは、ポルシェとフォルクスワーゲンに関する膨大なコレクションが特徴。アメリカのオハイオ州デイトンに所在し、両メイクスのエンスージァストにとって聖地といえた。

しかし創始者であるジョン・ディクソン氏が逝去し、後継者がいなかったことからミュージアムを閉じることに。収蔵されていたコレクションがRMサザビース・オークションに出品されることになったのである。

オークションはタージ・マ・ガラージ・コレクションのミュージアム内で行われ、32台のポルシェとその始祖であるフォルクスワーゲンが並んだ。同じように注目しておきたいのが335点にも及ぶメモラビリアとパーツ。

故ジョン・ディクソン氏がポルシェから受けた感動をきっかけに集め始めたこともあり、カタログからオーナーズ・マニュアル、パーツリスト、ポスターなどの印刷物、モデルカー、バナー、エナメルサインなどが揃う。パーツ類も356と空冷フォルクスワーゲンのエンジンからホイール、シート、ステアリングホイール、ツールセット、エンブレムなど膨大な数が出品された。

最高額 356AカレラGTスピードスター

ここで車両は32台だけだったが、出品取下げされた1台を除いてすべてが落札されている。

それよりも膨大な数のパーツやメモラビリアのほとんどが落札され、最終的な落札率は97.6%とほぼ完売だった。

最高落札額は予想通りポルシェ・エンスージァストにとって究極の1台といえる1957年ポルシェ356AカレラGTスピードスターが人気を集め、356の4カムモデルとしては新記録となる1億4904万円で落札された。

以下1973年ポルシェ911カレラRS 2.7ツーリング(4450万円)、1997年ポルシェ993ターボ(3975万円)、1981年ポルシェ924カレラGTSクラブスポーツ(3856万円)、1967年ポルシェ911S(3618万円)と、人気のモデルがトップ5を占めた。

カスタム356も落札

このオークションで注目を集めたのがカスタマイズされたポルシェ356とフォルクスワーゲンたちだ。

なかでも存在感あふれる1953年ポルシェ356をストレッチしたリムジンは2238万円、ユニークな1958年ポルシェ356Aデリバリーバンは938万円で落札された。

フォルクスワーゲンのカスタムも人気を集め、1956年ビートル・アウトロー“デス”が436万円、1970年ビートル・ワイヤーアートカーは847万円、1971年ビートル“ジャングル・バグ”は206万円まで値を上げた。

レストアベースも人気

タージ・マ・ガラージ・コレクション・セールには数多くのプロジェクト(レストアベース車)が並んだ。

そのなかで1951年ポルシェ356スプリット・ウインドウ・プロジェクトは極初期型のモデルでエンジンやギアボックスはおろか、ボディパネルも一部失われた最悪のコンディションながら1059万円で落札。

一方で1956年ポルシェ356スピードスター・ドラッグスター・プロジェクトは、オリジナルのパーツはギアボックス程度しか残っていないシルエット・モデルだけに67万円で終えている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN AUTOCAR JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します