現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > デ・トマソ復活 ハイパーカー「P72」 フォード製V8をチューニングで700ps

ここから本文です
ニューモデル 2019.10.30

デ・トマソ復活 ハイパーカー「P72」 フォード製V8をチューニングで700ps

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5.0L V8にスーパーチャージャーで700ps

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

    【画像】デ・トマソP72とパンテーラ 全34枚

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)


イタリアの自動車メーカー、デ・トマソが復活する。限定生産されるスーパカー、P72に搭載されるのは、スーパーチャージャーで過給されるフォード製V8エンジンだ。

ミドシップされる5.0Lユニットは、アメリカのエンジニアリング企業、ラウシュ社によってチューニング。最高出力700ps、最大トルク83.9kg-mほどを叩き出すと見込まれている。

ドライサンプ方式の潤滑システムを採用し、ハードコーナリング時でもエンジンオイルをくまなく送り込むことが可能。熱効率と動作速度を高め、気流を改善し振動を抑えた、新しいスーパーチャージャーが組み合わされる。

デ・トマソによれば、「V8エンジンは自然吸気のような性格を持ち、アメリカンV8サウンドを損なうことなく、スムーズでリニアなパワーカーブを実現している」 という。

新しいP72がデザインの着想を得ている、1965年のデ・トマソP70もフォード製の5.0L V8エンジンを搭載している。そちらは、エンジニアのキャロル・シェルビーによってチューニングを受けていた。パフォーマンスの詳細はまだ未公表だが、数カ月以内に実車のビデオクリップを発表するという。

カーボン製シャシーはLMP規格に準拠

香港を拠点とするイデアル・ベンチャー社によって復活することになるデ・トマソ。P72のカーボンファイバー製モノコックシャシーは、LMP(ルマン・プロトタイプ)規格に準拠したものとなっている。同社はハイパーカーのアポロ・インテンス・エモツィオーネにも関わっている。

エクステリアデザインは1960年代のルマンレーサーや、かつてのデ・トマソとの共通性を感じられるものだが、見事に現代風に処理されている。インテリアはパガーニのようにシフトレバーのリンク機構が露出し、最高級の素材を落ちいて、極めて豪華な設えが施されている。

イタリアの自動車メーカー、デ・トマソの歴史はさほど広く知られてはいない。アルゼンチン出身で元F1ドライバーのアレハンドロ・デ・トマソが1959年に設立した企業だ。歴史の中でフランク・ウィリアムズにF1マシンを開発しているほか、1975年から1993年にかけてはマセラティも所有していた。

新しいゼネラルマネージャーのライアン・ベリスは、「アレハンドロの挑戦は正確に広く知られていません。彼の功績は、エンツォ・フェラーリやフェルッチオ・ランボルギーニと同じように、認められるべきだと思います」 と話す。

デ・トマソの復活計画は今回が初めてではない。2009年には元フィアットの幹部がブランド名の使用権を購入し、SUVや高級車などを販売する計画があった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN AUTOCAR JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • fxh*****|2019/10/30 20:19

    違反報告

    10年前のデトマソ復活劇は詐欺疑惑と裁判の中で終わったようだ。その前のアバンティ(スチュードベイカー)といい、ほんとに詐欺目的だったかはともかく、集めたお金を返せそうにないとなると、すべからくそういう展開になっていくんだろうなぁ。さて今回はどうなるか。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します