現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ルノー カングーに対抗馬? プジョー「リフター」、シトロエン「ベルランゴ」が追撃開始

ここから本文です
ニューモデル 2019.10.29

ルノー カングーに対抗馬? プジョー「リフター」、シトロエン「ベルランゴ」が追撃開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2モデルのデビューエディションを設定

 プジョー・シトロエン・ジャポンは10月18日、新コンセプトのMPV(マルチ・パーパス・ヴィークル)として、プジョーの「RIFTER」(リフター・写真上)とシトロエンの「BERLINGO」(ベルランゴ・写真下)の日本導入を発表。それぞれに特別仕様車のDebut Edition(デビュー・エディション)を設定し、10月19日からオンライン予約で受け付け、2020年1月よりデリバリーを開始する。

    オートマ全盛の時代、ルノー メガーヌR.S.トロフィーにミッション(MT)を設定する理由

 プジョー・リフターとシトロエン・ベルランゴは、いわば双子のクルマ。ともにグループPSA傘下のブランドで、2018年2月のジュネーブショーで世界初披露されて、本国や欧州市場で市販開始。日本国内からも期待の声が高かった。

 これらモデルは、日本でも高い人気を誇るルノー・カングーを意識して開発されたことは間違いない。短いノーズと背の高い1.2ボックス的なスタイルとリアの両側スライドドア、それに伴う余裕のラゲッジスペースを備えていることはライバル同様。都会でも郊外でも、フォーマルからアウトドアまで幅広く使える多目的な1台だ。

 リフターとベルランゴのボディサイズは共通で、全長4403×全幅1848×全高1878mm。ホイールベースは2780mmで、2列シートの5名乗りだ。初導入される特別仕様車に搭載されるエンジンは、最高出力130psと最大トルク300Nmを発生する1.5リッター直列4気筒ディーゼルターボ。トランスミッションは8速ATで前輪を駆動するFF車となる。

 日本に輸入されているカングーのボディサイズは全長4280×全幅1830×全高1810mm。エンジンは1.2リッター直列4気筒ターボのガソリンエンジンが、最高出力115psと最大トルク190Nmを発生し、トランスミッションは6速のマニュアルまたは2ペダルのEDCとの組み合わせ。価格的には250万円前後からのカングーの方が、少しだけ低めに設定されている。

 なお、リフターとベルランゴの欧州仕様には、1.2リッター直列3気筒のNAまたはターボのガソリンエンジン搭載車や、マニュアルミッション仕様も用意されている。

リフターとベラルンゴの違い

 再び、リフターとベルランゴに話を戻そう。今回導入される2モデルの特別仕様Debut Editionは、リフターが336万円(税込、以下同)なのに対して、ベルランゴは325万円という価格設定。値段の差は、リフターの方にプジョー2008などにも採用される「アドバンスドグリップコントロール」を標準装備したことが要因だろう。

 これはプジョーがラリー参戦で培ったトラクションコントロールの進化版とも言えるデバイスで、路面状況に応じてパワートレインやブレーキを統合制御し、トラクションの最適化を行って走破性を高めてくれる機能。ノーマル/スノー/マッド/サンド/オフの5つのモードをダイヤルで選択できる。

 インパネのデザインも、リフターとベルランゴでは異なる。リフターには他のプジョーモデルにも採用されている「iコックピット」と呼ばれるデザインを採用し、上下2カ所がフラットな小径ステアリングが特徴。

 一方で、ベルランゴは前席の左右をセパレートしているセンターコンソールがないので、ウォークスルーができそうなのがメリット。また、11.8リッターの収納を誇る助手席グローブボックス(Topbox)もベルランゴのみの装備と思われる。

リアシートの分割方法も異なる

 リアシート部分から後方は両モデルともほぼ共通。唯一大きく異なるのはリアシートの分割で、リフターは6:4の分割可倒式。

 一方のベルランゴは幅の等しい3座独立式を採用。この3座は個別に折りたたみが可能なのがユニークだ。荷室容量は通常時で597リッター、最大で2126リッターを実現。

 また5人乗り状態でも1mまで、2人乗り状態なら1.88mまで、助手席を倒せば最大2.7mの長さのものも積載可能だ。さらにリアゲートはカングーのような観音扉ではなく、下から開く通常のハッチバックを採用。テールゲートを開けずにガラスハッチのみを開くこともできるため、手荷物程度なら簡単にアクセスできるのも便利だ。

開放感満点のルーフを装備

 今回の特別仕様車には、開放感あふれるパノラミックルーフを標準装備。ちなみにルーフには収納スペースも融合され、フロント部分には収納トレイ、中央部には最大14リッターまでのバッグを収納可能にしたバッグインルーフを備えるというユニークな構造。また、リアシート頭上後方には容量約60リッターのリアシーリングボックスを配置したのも特徴だ。

 そしてセーフティ関連のデバイスも充実している。30km/hから180km/hの速度域で作動するアクティブクルーズコントロールと、5km/hから80km/hで作動するアクティブセーフティブレーキは心強い安全装置だ。

 さらにレーンキープアシスト、ブラインドスポットモニター、ハイビームとロービームを自動的に切り替えるインテリジェントハイビーム、道路標識を読み取ってインパネに表示するトラフィックサインインフォメーション、フロント&バックソナーなども標準装備される。

 なお、本稿執筆時点で、ベルランゴの特別仕様は予約受付を終了。リフターもビアンカ・ホワイトのボディカラーは予約受付を終了して、ディープ・ブルーとメタリック・コッパーのみとなっている(10月25日現在)。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します