現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ランボルギーニ、新型ハイパーカー発表へ…モータースポーツ部門が初めて開発

ここから本文です
ニューモデル 2019.10.30

ランボルギーニ、新型ハイパーカー発表へ…モータースポーツ部門が初めて開発

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランボルギーニ(Lamborghini)は10月26日、同社のモータースポーツ部門「スクアドラ コルセ」が開発した初のハイパーカーを、スペイン・ヘレスで開催される「ワールドファイナル」で初公開すると発表した。

この新型ハイパーカーは、スクアドラ コルセによって開発され、ランボルギーニのデザイン部門がデザインを担当する。パワートレインは、自然吸気の6.5リットルV型12気筒ガソリンエンジンで、最大出力は830hpを獲得する。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

エアロダイナミクス性能は、このV12エンジンのパフォーマンスを最大限に引き出すように設計される。具体的には、大型リアウィング、ルーフ上のエアスクープ、デュアルエアインテークを備えたレーシングフロントフードなどが採用される。

アルミ製のフロントフレームとカーボンファイバー製モノコックで構成された構造は、最高レベルの安全性を実現するという。スチール製のロールケージも組み込まれる。トランスミッションは、6速シーケンシャル「Xtrac」を組み合わせた。

運動性能を追求して、サスペンションのアームは、ギアボックスに直接接続される。ディファレンシャルは機械式のセルフロックタイプで、ドライバーが好みの仕様に調整できるようにした。

なお、ランボルギーニは、この新型ハイパーカーのティザーイメージを1点、配信している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • qui*****|2019/10/30 10:09

    違反報告

    ハイパーカーとなるとルマンのハイパーカーシリーズに参戦する予定があるの?
    それともトラック専用と謳っている以上、ただの金持ちの道楽品?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します