現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ベントレーの実習生、1923年製3.0リッターエンジン「No.212」をレストア

ここから本文です
ニューモデル 2019.10.26

ベントレーの実習生、1923年製3.0リッターエンジン「No.212」をレストア

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベントレー設立4年後に製造された貴重なエンジン

ベントレー・モーターズの実習生が“100周年記念プロジェクト”の一環として、歴史的な3.0リッター直列4気筒エンジン(No.212)をレストアした。このエンジンはウォルター・オーウェン(W.O)・ベントレーが同社を設立してから、わずか4年後の1923年に製造されたものだ。

    新型ゴルフが8代目に進化! 最新フォルクスワーゲンは再び「ベンチマーク」となる?

今回、実習生の男女がNo.212エンジンをパーツレベルまで完全に分解。その作業時間は実に700時間にも及んだという。組み立て直されたエンジンは、クルー本社で行われる100周年記念展示の一環として一般公開される。

働きながら資格と技術を取得する実習生プログラム

ベントレーで塗装担当実習生として働くエミー・デントンは、今回のプロジェクトについて以下のようにコメントした。

「今回のレストアプロジェクトに携わったすべての実習生は、このような重要で歴史的なエンジンを扱う機会を与えられたことに対し、特別な任務だと感じたはずです。将来のキャリアに役立つ、新たなスキルと経験を得ることができましたから」

ベントレーは、エンジニアリング、販売、マーケティング、人事、購買、財務に至るまで、さまざまな分野で実習生プログラムを取り入れている。今年、新たに採用された実習生は46人。3~4年の実習プログラムは、働きながらスキルや資格を取得することができる。近年、このようなプログラムが導入されたことで、ベントレーの実習生の総数は130人を超えている。

多くの謎が残るNo.212エンジンのヒストリー

今回、レストアされたNo.212エンジンの製造時の歴史について、実はほとんど知られていない。当初はシャシー209に搭載されていたが、ボディを製造した未確認のコーチビルダーの元に渡った。そして、ベントレーがル・マン24時間レースで大成功を収めていた1920年代後半、実際に使用されていたと見られている。

最終的にこのエンジンは、ドーセット州ボビントンにある王立砲兵隊学校に引き継がれ、1935年以降、内燃機関の仕組みを学生に教えるための訓練用エンジンとして使用された。ベントレーを専門とするヒストリアンは、この事実をもって、シャシー209のオーナーは軍人だった可能性が高いと指摘している。

No.212エンジンは、ベントレーに返還された2011年まで軍が所有していた。その後、ベントレーにより保管・管理され、2019年の100周年記念行事に向けて、昨年からレストア作業がスタートした。

王立砲兵隊学校で使用されていた当時の色に復元

今回、実習生はレストア計画、予算編成、リスク評価など、プロジェクト全体を管理した。彼らをベントレー社内・社外からサポートが行われている。

エンジンはパーツ単位にまで分解され、個別に写真撮影を行い、再び組み立てやすいように、コンポーネントごとにリストを制作。コンピューターでの管理が行われた。パーツは洗浄後、ブラスト装置を使用して古い塗料を取り除き、リペイント。No.212エンジンは王立砲兵隊学校で使用されていた当時の色に復元された。

最新のW型12気筒エンジンの横に展示されたNo.212

今回のプロジェクトに参加した研修生は、エンジンを最高の状態で展示するために、特別な台座を設計・制作。そして、最後の仕上げとして、エンジンの歴史を説明するプレートも作っている。

「時間通りに組み立て作業を完了し、100周年記念展示において、現行のW型12気筒の横にNo.212エンジンを設置しました。この展示により、ベントレーのエンジンが過去100年間、どのように進化を遂げたかを示しています」と、デントンは最後に付け加えた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GENROQ Web GENROQweb編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します