現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW 8シリーズグランクーペ 発売、伸びやかなスタイリングと快適な室内空間を両立…価格1152万円より

ここから本文です
ニューモデル 2019.10.25

BMW 8シリーズグランクーペ 発売、伸びやかなスタイリングと快適な室内空間を両立…価格1152万円より

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、新型『8シリーズ』に、より伸びやかなスタイリングと快適な室内空間を実現した4ドアクーペ「グランクーペ」を追加し、10月25日より販売を開始した。

新型8シリーズ グランクーペは、ボディ骨格内部にカーボン素材を用いるカーボンコア構造を採用。車体剛性を大幅に高めることで、8シリーズクーペに対して205mm長い、ホイールベース3025mmを実現し、広々とした室内空間を確保している。また、後席の頭上空間を確保しつつ、ルーフ後端からのくびれが美しい、独自のノッチバックスタイルを実現。スポーティかつ艶やかなスタイリングとともに、室内の遮音性や快適性をも高めている。

    BMW、4ドアの8シリーズグランクーペを発売。ホイールベース拡大で広い室内に

グランクーペは、最高出力530ps/最大トルク750Nmを発揮する4.4リットルV型8気筒エンジンを搭載する「M850i xDriveグランクーペ」、直列6気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載した「840d xDriveグランクーペ」をラインアップ。さらに直列6気筒ガソリンエンジンを搭載した「840iグランクーペ」は8シリーズ初となるリア駆動方式(FR)を採用するなど、幅広いニーズに応えるモデルとなっている。

サスペンションはグランクーペ専用設計で、クーペに対してリアのトレッドを30mm拡大。さらに、クーペに採用されたインテグラルアクティブステアリングやアダプティブMサスペンションプロフェッショナルを採用することで、ロングホイールベース化にも対応する。

安全面では高性能3眼カメラ、高性能プロセッサーおよびレーダーによって、精度と正確性が向上した、最先端の運転支援システムを全モデルに標準装備。さらにハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能を搭載する。

価格は1152万円から1715万円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します