現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「生活者が求めるMaaSとは何か」をテーマにシンポジウムを開催、10月26日…東京モーターショー2019

ここから本文です
ニューモデル 2019.10.25

「生活者が求めるMaaSとは何か」をテーマにシンポジウムを開催、10月26日…東京モーターショー2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本自動車工業会とイードは10月26日、東京モーターショー2019の会場である東京ビッグサイトで「生活者が求めるMaaSとは何か」と題したシンポジウムを開催する。

イードは、昨今社会実装に向けて各地で実証が行われているMaaSのあり方について、東京23区の生活者を対象に日常生活における移動の実態と、都市型MaaSに関連する各種サービスの受容性/価格受容性を把握する「MaaS受容性調査」を実施した。インターネットアンケート調査による回答者は、東京23区在住の15-79歳の男女 で1998サンプル。本シンポジウムにて、調査概要 、移動手段 、車の保有/保有意向 、移動の課題 、MaaS認知 、各種サービス認知/利用意向について発表すると共に、結果を分析しながら、生活者が本当に必要かつ、使いやすいサービスについて下記パネラーでディスカッションする。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

参加費は無料。詳細は下記の通り。

【東京モーターショー2019 / CEATECリレーカンファレンス「生活者が求めるMaaSとは何か」】

10月26日(土) 12:30-14:30(本番開始30分前より受付開始)

東京ビッグサイト 605-606会議室

※軽食付(定員分)

申込はこちら

■パネラー

米津 雅史氏(東京都 戦略政策推進本部 戦略事業部 特区推進担当部長)

荒井 邦彦(トヨタ自動車株式会社 モビリティサービス事業部 次世代ビジネスプロジェクトチーム プロジェクトリーダー)

得永 諭一郎(東日本旅客鉄道株式会社 執行役員 技術イノベーション推進本部 統括、MaaS事業推進部門)

北島 昇(株式会社電脳交通 取締役 COO)

澁川 修一(株式会社電通 ソリューション開発センター 主任研究員)

吉田 凌(株式会社イード 5G/MaaSビジネス開発部 コンサルタント)

■モデレーター

楠田 悦子(モビリティジャーナリスト)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス レスポンス編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します