現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アルピナ初のクーペSUV、XD4が日本初公開「セグメント最速」を謳う注目モデルが予約受付中

ここから本文です
ニューモデル 2019.10.24

アルピナ初のクーペSUV、XD4が日本初公開「セグメント最速」を謳う注目モデルが予約受付中

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMW ALPINA XD4

BMW アルピナ XD4

    アルピナ初のクーペSUV、XD4が日本初公開「セグメント最速」を謳う注目モデルが予約受付中

クアッドターボを搭載した直6ディーゼル

アルピナ社日本総代理店ニコル・オートモビルズは、2019年10月23日に「BMW アルピナ XD4」を日本初公開した。

XD4はアルピナ初のSUVクーペモデルで、ベースは2代目BMW X4(G02型)。B57型3.0リッター直列6気筒ディーゼルユニットをベースに、4基のターボチャージャーを搭載して最高出力388ps/最大トルク770Nmを叩き出す。

結果、0-100km/h加速は4.6秒、巡航最高速度は268km/hと、セグメント中最速のパフォーマンスを実現した。

低圧・高圧それぞれに可変タービン・ジオメトリー(VTG)ターボを装備し、小型の高圧段ターボが主に低回転領域の過給を担当、回転数があがるにつれて徐々に大型の低圧段ターボによる過給に切り替わる。これにより、全回転域でスムーズな吹け上がりとよどみない加速感を生み出している。

ハイパワーエンジンの担い手であり常に冷却効率を重視するアルピナの流儀として、XD4にも様々な施策を導入している。大型のラジエーターを設置するとともに、吸気経路を短縮する直接空冷式インタークーラーを採用、クーラントハウジングの最適化も図った。

セグメント最速でも燃費は14.5km/Lを記録

排出ガスの低減にも配慮するXD4は、ディーゼル・パティキュレート・フィルター(DPF)をはじめ、NOx吸蔵還元触媒コンバーターや、尿素水溶液(アドブルー)を噴射する尿素SCRシステムも組み合わせる。アドブルーのタンク容量は20リットルで、一度の充填で平均1万kmの走行に対応する。WLTPモードによる燃費は14.5km/Lを記録している。

足まわりには電子制御式ショックアブソーバーを備えたアルピナ・スポーツ・サスペンションを装備し、走行モードに応じて減衰特性の切り替えが可能。フロントのキャンバー角は1度ネガティブに設定した。

ホイールはクラシックな20スポークデザインの20インチが標準。オプションで22インチのアルミ合金製高密度鍛造ホイールを選択することもできる。後者は同サイズの鋳造アルミホイールと比較して重量を30%(約15kg)以上軽量化しているという。

タイヤは“ALP”の表示付きピレリPゼロを装着。20インチはフロントに255/45ZR20、リヤに285/40ZR20を、22インチはフロントに255/35ZR22、リヤに295/30ZR22を履く。ブレーキはフロントに4ピストン固定キャリパーおよび395mm径ディスクを、リヤにフローティングキャリパーおよび370mm径のディスクを配した。フロント395mm、リヤ398mmの軽量構造ドリルド・コンポジット・ブレーキディスクとスポーツ仕様パッドを組み合わせた高性能ブレーキシステムもオプションに設定した。

アクティブ4WDとLSDで「アルピナの走り」を

駆動方式はBMWのxDriveがベースの4WDで、前後へのトルク配分を連続可変制御する。加速時だけでなく、操舵角、横G、ヨー、車速などの種々センサー情報を常に監視し、あらゆる場面で最大限の安全性を確保するようトルクを配分する。また、ダイナミックスタビリティコントロールのモードに応じて、後輪寄りのトルク配分に設定することも可能。加えてリヤには電子制御式アクティブLSDも搭載する。

トランスミッションはZF製のアルピナ・スウィッチ・トロニック付き8速ATを組み合わせる。ステアリング裏のアルピナ・スウィッチ・トロニックでMTモードを選択すると変速時間が0.1秒に短縮され、自動シフトアップも制限される。トルクコンバーターやプラネタリーギヤなど、主要コンポーネンツは高トルクに耐えるよう設計を見直している。

ミニマルで格調高いアルピナ的内外装

外観や内装には、アルピナならではのミニマリズム思想が息づく。「形態は機能に従う(Form Follows Function)」という哲学にならい、エアロパーツやツイン・エキゾースト・テールパイプなど性能に直結するディテールのみをベースとするBMWのデザイン言語に溶け込むように装着される。また、キドニーグリル内には必要に応じてフラップが自動で開閉するエア・フラップ・コントロールシステムが一体化している。エンジン冷却時にはフラップが開き、空気を取り入れる必要のないときは閉じて空気抵抗係数を改善する。

内装では製造番号を刻印したプレートや赤い指針を組み合わせたブルーのメーターパネル、ラヴァリナレザーを張りブルーとグリーンのステッチを施したステアリングホイールなどが、シンプルながらもアルピナの世界観を演出。「お客様がインテリアをデザインできる」というアルピナ思想にのっとり、様々なカスタマイズプログラムにも対応している。

BMW アルピナ XD4の車両価格は1385万円(左ハンドル)。現在予約注文を受付中で、納車開始は2020年初春を予定している。

【SPECIFICATIONS】

BMW アルピナ XD4

ボディサイズ:全長4751 全幅1927 全高1615mm

ホイールベース:2864mm

車両重量:2045kg

エンジン:直列6気筒DOHCクアッドターボ

総排気量:2993cc

ボア×ストローク: 84.0×90.0mm

最高出力:285kW(388ps)/4000–5000rpm

最大トルク:770Nm/1750–3000rpm

トランスミッション:8速AT

駆動方式:4WD

タイヤサイズ:前255/45ZR20 後285/40ZR20

車両本体価格(税込):1385万円

【問い合わせ先】

アルピナ青山ショールーム

TEL 0800-222-0250

アルピナ世田谷ショールーム

TEL 0120-866-250

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GENROQ Web 三代やよい)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します