現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スバル 2020年後半に市販予定の新型「レヴォーグ」プロトタイプを公開 手放し運転を実用化

ここから本文です
ニューモデル 2019.10.23
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スバルは10月23日、東京モーターショーで、ステーションワゴンの新型「レヴォーグ」のプロトタイプを発表した。2020年後半に市販する予定。

レヴォーグは2013年の東京モーターショーでデビューし、2014年に初代モデルを国内で販売開始した。フルモデルチェンジは6年ぶりとなる。スバルの中村知美社長は「新型レヴォーグは今後、モビリティがどのように変化しよとも、誰もが自分の意思で運転をどこまでも愉しめる未来を実現することを目指して開発している」と述べた。

    マツダ初の量産型EV「MX-30」を発表、2020年後半から欧州市場に投入

新型車はインプレッサやフォレスターなどに採用している「スバル・グローバル・プラットフォーム」を採用する。(日刊自動車新聞)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン