現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「GRシリーズ」やMT仕様も登場! 「トヨタC-HR」がアップデート

ここから本文です
ニューモデル 2019.10.24

「GRシリーズ」やMT仕様も登場! 「トヨタC-HR」がアップデート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンと連携できるディスプレイオーディオを全車に標準装備

10月18日、トヨタは「C-HR」のマイナーチェンジを実施するとともに新たに「GR SPORT」を設定。同日より発売を開始した。

    【スクープ】マツダも参入? トヨタが「チーム86」を結成して次期型開発へ!

●新型「トヨタC-HR」モデルラインナップ
[1.2Lターボ車]
・S-T(FF):2,367,000円(6速MT)/2,400,000円(CVT)
・S-T(4WD):2,598,000円(CVT)
・G-T(FF):2,632,000円(6速MT)/2,665,000円(CVT)
・G-T(4WD):2,863,000円(CVT)
・S-T“GR SPORT”(FF):2,732,000円(6速MT)

[1.8Lハイブリッド車]※全車2WD
・S:2,730,000円
・G:2,995,000円
・S“GR SPORT”:3,095,000円

新型には、トヨタGAZOOレーシングがモータースポーツ活動を通じて得た知見やノウハウを市販モデルに生かした“GR SPORT”グレードを新たに設定したほか、1.2Lターボエンジンを積むFF車には6速MT(iMT=インテリジェントマニュアルトランスミッション)仕様を追加。モデルラインアップを充実させた。

 

1.2Lターボ、1.8Lハイブリッドそれぞれに設定された“GR SPORT”は、フロア下にセンターブレースを追加してボディ剛性を強化し、操舵応答性の向上やフラットな乗り心地によりスポーティな走りを実現。専用の19インチタイヤ(サイズは225/45R19)&アルミホイールやサスペンションなど、足まわりにも専用チューニングが施され、質の高い走りが追求されている。

 




内外装も“GR SPORT”独自の個性が息づいている。外観では専用のフロントバンパーや大開口アンダーグリル、アンダーガード、大型フォグランプベゼル、専用エンブレムを採用。内装では専用の本革巻き小径3本スポークステアリングホイールや、アルミペダル、スポーティシート(GRエンブレム付き)のほか、インストルメントパネル加飾&ドアインナーガーニッシュ(GR専用金属調ダークシルンバー塗装)や、GRロゴ付きの専用スタートスイッチを装備している。

そのほか、新型C-HRのデザインは、ワイドスタンスを強調するフロント&リヤスタイルを採用し、よりスタイリッシュなルックスを実現。ボディカラーはエモーショナルレッドIIを含むモノトーン6色、メタルストリームメタリック×ブラックマイカを含む2トーン5色の全11色が設定された。




装備面では、スマートフォンとの連携が可能な「ディスプレイオーディオ」や車載通信機(DCM)が全車に標準装備された点が新しい。安全装備としては、駐車時などで静止物を検知して衝突被害の軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」をオプション設定するなど、装備が充実している。



  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(LE VOLANT CARSMEET WEB 細田靖)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します