現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 日常使いに適したホットな「アバルト595」がデビュー

ここから本文です
ニューモデル 2019.10.22

日常使いに適したホットな「アバルト595」がデビュー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベースモデルにはない特別カラーも用意

FCAジャパンは、アバルトのスポーツモデル「595コンペティツィオーネ」に、要望の多かった通常タイプのスポーツシートを採用した限定車「595コンペティツィオーネ・スティーレ」を設定。10月26日より、全国のアバルト正規販売店を通じて255台限定で販売する。消費税込みの車両本体価格は、MT車が3,780,000円、MTA車は3,950,000円となる。

    コレクターズアイテム必至! アバルトが創業70周年を記念した「695」を発表

ベースとなる595 コンペティツィオーネは、595シリーズのなかで最もスポーツ性能の高いモデルだ。最高出力180psの高出力エンジンをはじめスポーツサスペンション、ブレンボ製ブレーキ、ハイパフォーマンスエキゾーストシステム「レコードモンツァ」などを搭載。シートはサーキット走行までを考慮したホールド性の高いサベルト社のスポーツシートが組み合わされる。

今回の限定車は、このシートに代え「595/595Cツーリズモ」と共通するサイドサポート部の張り出しが小さい通常タイプのスポーツシート(ブラウンのフルレザー仕様)を採用したことが特徴。ベース車のレーシーなイメージに対し、乗り降りのしやすさや普段使いにおける使い勝手に重きを置いたことから、イタリア語でスタイルを意味する“Stile(スティーレ)”という呼称が与えられた。

ボディカラーはBianco Gara(ホワイト)、Rosso Abarth(レッド)、Grigio Record(グレー)の3種。レッドについては、通常は595コンペティツィオーネには設定されていない限定車のスペシャルカラーだ。なおトランスミッションはベース車同様、ATモード付き5速シーケンシャルトランスミッション(MTA)と5速MTから選べる。




限定販売台数の内訳だが、各色それぞれでMTが40台、MTAは45台ずつとなる。

限定車「595コンペティツィオーネ・スティーレ」商品サイト
https://www.abarth.jp/limited/595_competizione_stile


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(LE VOLANT CARSMEET WEB H.Tanaka)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mic*****|2019/10/22 19:56

    違反報告

    お金が余ってたら欲しい。
  • tsu*****|2019/10/22 20:59

    違反報告

    ABARTH595、気になってはいるんだけど、トラブルとかどうなんだろう?10年10万km位普通に乗れるのかな?
  • vit*****|2019/10/23 13:33

    違反報告

    基本設計が古い!重たい!
    世田谷とか目黒の金持ちがオッシャレーって買う
    日本にはスイフトスポーツとか素晴らしいスルマが多いのにね、国産は買わない?
    基本性能もスイフトスポーツが上!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します