現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > コンパクトカーのイメージを一変させるトヨタの新型車「ヤリス」のコネクティッドサービス

ここから本文です
ニューモデル 2019.10.20

コンパクトカーのイメージを一変させるトヨタの新型車「ヤリス」のコネクティッドサービス

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月16日。トヨタは東京モーターショーに先駆け、新型ヤリスを世界初公開した(プロトタイプ)。これまでヤリスという名称は、ヴィッツの海外仕様のネーミングだったが、今回、セカンドカーではなく、ファーストカーとしての役割を果たすべく開発されたことで、車名を世界で統一。国内市場でもヴィッツ改め、ヤリスとなったわけだ。

もちろん、攻めの姿勢を感じさせる引き締まった造形のエクステリアデザインを始め、TNGA、GA-Bプラットフォーム、全グレード3気筒の1L(改良型)、1.5Lダイナミックフォースエンジン、世界最高レベルの燃費性能を目指したハイブリッドシステム×E-Four(電気式4WD)、ダイナミックシフトCVT、および6MTのトランスミッション、サスペンションなどのすべてをゼロベースで新規開発。

    2列シート仕様の大容量コンパクトワゴン!トヨタ「シエンタ FUNBASE」試乗記

もちろん、先進運転支援機能としてトヨタ最新の「トヨタセーフティセンス」を標準装備。歩行者検知(昼間・夜間)および自転車運転者検知(昼間)を行い、衝突回避支援または被害軽減に寄与するプリクラッシュセーフティに加え、右折時の対向直進車や右左折後の横断歩行者も検知対象とし(トヨタ初)、万が一の交差点事故への対応範囲を拡大している。また、低速時の事故予防をサポートする「低速時加速抑制」機能(トヨタ初)、二次衝突による被害の軽減に寄与するセカンダリーコリジョンブレーキ、高度駐車支援システムを搭載しているのも大きな特徴となる。もちろん、レーダークルーズコントロール=ACC、レーントレーシングアシストなどもフル搭載。コンパクトカーにして、トヨタ最先端の先進運転支援機能を満載したことになる。

と、ここまででも驚きを隠せないのだが、筆者がさらに感動したのが、災害大国日本での万一の事態に頼りになる、ハイブリッド車にオプション設定される100V/1500Wコンセントに、停電などの非常時に発電機として機能する外部給電機能が付き、最新のコネクティッドサービスが用意されたことだ。

ヤリスでは、スマホとの連携が可能な流行りのディスプレーオーディオ、およびDCM(専用通信機器/auのSIM)を全車に標準装備!T-Connectナビを装着することで、日常から非常時まで頼りになるオペレーターサービスが利用でき、さらにこれまでトヨタのコンパクトカーには採用されていなかった、あおり運転対策にもなるヘルプネット(SOSコール)まで用意しているのだから頭が下がる。基本サービスのほか、マイカーサーチPlusを申し込めば、盗難時などの車両位置追跡や警備員の派遣まで行ってくれるのだから安心・かんぺきだ。

しかも、基本的なサービス利用料は5年間無料!6年目以降でも年払いで3300円、月払いで300円という利用料だからうれしいではないか。新鮮なネーミングとともに、このクラスの国内外のライバルを一気にリードする先進性、インパクトの持ち主でもある。

新型ヤリスは東京モーターショー期間中、お台場ヴィーナスフォートに展示されるほか、全国各地で展示予定。発売は2020年2月中旬発売とのこと。国産コンパクトカーの概念を大きく変えるクルマの登場が今から待ち遠しい!

文/青山尚暉

モータージャーナリスト。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。自動車専門誌の編集を経て、現在、モータージャーナリスト、愛犬との快適安心なカーライフを提案するドッグライフプロデューサーのふたつの肩書を持つ。小学館PETomorrowでも「わんこと行くクルマ旅」を連載中。最新刊に「愛犬と乗るクルマ」がある。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(@DIME )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します