現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アストン マーティンDBX カモフラ一切なしの姿を撮影

ここから本文です
ニューモデル 2019.10.20

アストン マーティンDBX カモフラ一切なしの姿を撮影

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロモーション用の撮影中?

数週間後に予定されている正式発表を前に、アストン マーティンDBXの全貌を捉えた写真がインターネット上にリークされた。

    【画像】アストン マーティンDBX 全73枚

アストン マーティン初のSUVとなるこのクルマは、どうやらプロモーション用の撮影を行っている際に、スペインの自動車情報サイト「Autopista」に写真を撮られてしまったようだ。

予想どおり、デザインは2015年に発表されたコンセプトカーとは大きく変わっている。フロントエンドはDB11から影響を受けたスタイルになり、リアのハッチゲートまで伸びたテールライトは、リップスポイラーに沿ってカーブしている。

この写真ではボディカラーがピンク色に見えるが、おそらく実車のペイントはメタリックの入ったレッドに近い色合いだろう。

贅沢なインテリアも明らかに

アストン マーティンは先日、車両本体に先行してDBXのアクセサリー・セットを発表した。その際に公開された写真には、DBXのインテリアの一部も写っている。全体を見ることはできなかったものの、その贅沢な革張りのインテリアは、ブランドの特質である快適性と高級感を具現化したものであることは明らかだ。パフォレーテッド・レザーを使ったシートや、ドアハンドルのウッドパネル、ヘッドレストに刺繍されたエンブレムなどのディテールも確認できた。

これまで公開されたプロトタイプでは、カモフラージュ柄のラッピングで覆われていてわからなかったが、リア・バンパーの下側は黒い樹脂製のパネルが装着されていることも判明した。

容量632Lの荷室は、写真で見ても実用性の高さがうかがえる。ライバルとなるベントレー・ベンテイガにも十分対抗できるだろう。

様々なオプション・パックを設定

DBXは発売と同時に、オーナーの趣味やライフスタイルに合わせた数種類のオプション・パックが用意される。例えばスノー・パックを選ぶと、スキーバッグ、ルーフマウント・スキーラック、スノーチェーンに加え、ブーツ・ウォーマーも装備される。

ペット・パックはカーゴエリアをペット専用のスペースとするパーティションが備わり、ペットの爪によって傷が付くのを防止するバンパー・プロテクターや、ポータブル・ウォッシャーが含まれる。長距離旅行用のツーリング・パックは、専用ラゲージ・セットや救急キット、そして助手席下のロック付き収納スペースが付く。

他にも、通勤等に便利なエッセンシャルズ・パック、野外アクティビティ用のイベント・パック、射撃を趣味とするオーナー向けのフィールドスポーツ・パック、内外装のドレスアップ・パーツが装着されるエクスプレッション・パック、そしてシートカバーやフロアマット、荷室用マットなどがセットになったインテリア・プロテクション・パックなどが設定されている。

アストン マーティンは「信頼の置けるブランド・パートナー各社との共同作業により、お客様の普段使いからツーリング、移動先において、あらゆるニーズを叶える最良のソリューションを提供します」と述べている。

DB11より強力なV8エンジンを搭載

DBXのインテリアは、9月にニュルブルクリンクで撮影されたスパイショットでも、コクピット周りを見ることができた。その時のテスト車両のインテリアは、まだ完全に仕上がっている状態ではなかったものの、メルセデスから供給されたエレクトロニクスやスイッチ類が、アストン独自の素材やトリムと組み合わされていることが見て取れた。

DBXの正式発表は12月に予定されている。今年8月には米国のペブルビーチで既に注文受付が始まった。生産はアストンマーティンが元英国防省の空軍基地跡に建設したセント・アサン工場で行われる。量産が本格化するのは2020年の第2四半期になる予定だ。おそらく納車が始まるのは2020年下半期になるだろう。

DBXの発売時に用意されるエンジンは、メルセデスAMG製をベースとする4.0L V8ツインターボのみ。その最高出力は550ps、最大トルクは71.4kg-mと、基本的に同じエンジンを搭載するDB11の510psと68.8kg-mより、引き上げられることが既に発表されている。

後れてハイブリッド・バージョンも追加される見込みだ。さらにモデルライフ後半には、最上級仕様としてV12ツインターボ・エンジンが与えられる可能性もある。

市場ではベントレー・ベンテイガ、ロールスロイス・カリナン、ランボルギーニ・ウルスに加え、フェラーリから登場するSUVもライバルとなるだろう。

アストン マーティンのアンディ・パーマーCEOは、どのモデルも超高級SUV市場ではそれぞれがまったく異なる役割を担っていると述べながらも、「美しさを重視する人はアストンに移ることになるでしょう」と語っている。

アストン マーティンの2018年における全モデルの合計販売台数は6441台だった。だが、DBXはそれだけで、年間5000台程度の販売が期待されている。発売されたらすぐにアストン史上最大のベストセラーとなることは間違いないだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN AUTOCAR JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します