現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 独BMW、2シリーズグランクーペ用のMパフォーマンスパーツを発表

ここから本文です
ニューモデル 2019.10.21

独BMW、2シリーズグランクーペ用のMパフォーマンスパーツを発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独BMWは10月16日、同日デビューした「2シリーズグランクーペ」用の純正アクセサリー「Mパフォーマンスパーツ」を発表した。

コンパクトセグメントのBMW初となる4ドアクーペとして、全貌が明らかになった2シリーズグランクーペに早くもMパフォーマンスパーツがラインナップされた。ファンはご存じのとおり、MパフォーマンスパーツはBMWの関連会社でモータースポーツ活動も行うM Gmbhが手がけるカスタマイズパーツで、純正ならではのフィッティングの良さやパフォーマンスアップに寄与する機能性、さらにメーカー保証に影響しないことでも人気が高い。

    BMW4ドアクーペの末弟、2シリーズ グランクーペがFFベースで登場

Mパフォーマンスパーツで一番人気となるであろうエクステリアパーツには、ハイグロスブラック仕上げのリアスポイラーやフロントグリル、チタンとカーボンを採用したテールパイプ、さらにカーボン製ミラーキャップなどが用意され、ノーマルでもスポーティなルックスを、一段と迫力あるものにしてくれる。また、足元を引き締めるアルミホイールも、ブラックまたはツートーンの18インチと19インチから選択可能だ。

さらなる高性能を目指すなら、レッドキャリパーに軽量ディスクが組み合わされるブレーキシステムも注目だろう。レースからフィードバックされた技術でレスポンスを高めるとともに、極限状態下での制動力も強化。さらに耐久性もノーマルより向上しているという。

インテリアパーツもスポーツムードが満点で、アルカンターラのステアリングホイールにはセンターを示す赤いマークや手縫いのクロスステッチが入れられ、ハードなコーナリングでも人車一体感を高めてくれる。シフトパドルもカーボン製にリプレイスすれば、シフトチェンジの度にオーナーへ満足感を与えてくれそうだ。

いつもながら高い完成度を誇るMパフォーマンスパーツ。注目のマーケットローンチは、11月のロサンゼルスオートショーにおける2シリーズグランクーペのワールドプレミア直後が予定されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します