現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダのフリード/フリード+がビッグマイナーチェンジ。新グレードの「クロスター」を追加

ここから本文です
ニューモデル 2019.10.18

ホンダのフリード/フリード+がビッグマイナーチェンジ。新グレードの「クロスター」を追加

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダの“ちょうどいい”コンパクトミニバン、「フリード」と「フリード+(プラス)」が、内外装のデザインを刷新するビッグマイナーチェンジを行うとともに、クロスオーバースタイルの新グレード「CROSSTAR(クロスター)」を追加して、10月18日(金)に発売されました。

5ナンバーサイズのコンパクトボディに、広い室内空間と多彩なシートアレンジというフリードの実用的な魅力はそのままに、親しみやすさに加えて、フロントフェイスを中心に、シンプルで洗練されたデザインに仕立てています。

    ホンダの優等生、フリード/フリード+がフェイスリフト。クロスオーバー風モデル追加で地味さを払拭

新グレードのクロスターは、フリードとフリード+、両方に設定されていて、グリルやSUV風のバンパーガード、ルーフレールなどが装備され、ベースモデルと差別化されていますが、車高含め足回りなどは同じ仕様となっています。

尚、3列シートで6人および7人乗りのフリードと、その2列シート版で5人乗りとなるフリード+という展開は変わりませんが、7人乗りのフリードにクロスターは設定されないため、フリードでクロスターを選択する場合は、必然的に6人乗りとなります。

インテリアは木目調パネルやシート生地などを変更し、落ち着いたイメージ。ボディカラーは既存の2色以外のカラーを変更していて、その内ホンダとして初採用の2色も取り入れられています。

また、安全運転支援システムの「ホンダ センシング」を、全タイプに標準装備。標識認識機能の強化や、新たに後方誤発進抑制機能を追加するなど機能を充実させています。アクティブ・クルーズ・コントロールも改良され、加減速フィールを向上。加速への移行時間を短縮して、スムーズなフィーリングとなっているとのことです。

ガソリン車の場合、ホンダのミニバンでは初めて「ブレーキ操作ステップダウンシフト制御」を採用。下り坂ではブレーキ操作に応じてエンジンブレーキを併用したスムーズな減速を行いつつ、エンジン回転を適切に保つことで、次の加速に備えることができます。

気になる価格は税込みで、売れ筋の「フリード ハイブリッド G」グレード(6人乗り/FF)が256万1900円。「フリード+ ハイブリッド G」グレード(5人乗り/FF)が258万3900円となっています。マイナーチェンジ前より多少値上がりしていますが、ホンダセンシングの標準化や先進安全機能の追加分と考えれば妥当な価格と言えそうです。尚、クロスターはベースとなるグレードから22万円高となっています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します