現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 今週、話題になったクルマのニュース7選(2019.10.12)

ここから本文です
ニューモデル 2019.10.12

今週、話題になったクルマのニュース7選(2019.10.12)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(2019.10.12) @DIMEに掲載された今週の車関連のニュースの中から、編集部がチョイスした記事を紹介します。読み逃した方も、これを読んで最新のクルマトレンドがおさらいしよう!

今週、話題になったクルマのニュース7選(2019.10.12)

    道路や天候に左右されにくい安定したロードホールディングを実現したポルシェの新型「911」の魅力

メルセデス・ベンツ「E200/E200スポーツ」

メルセデス・ベンツ「Eクラス(クーペ/カブリオレ)」に、効率化と高性能化のための新技術 「BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)」と「48V電気システム」を採用した、 「E 200」、「E 200 スポーツ」、および、高い最高出力と最大トルクを誇る新エンジンを搭載した 「E 300 スポーツ」を導入し、発売を開始した。

【参考】最高出力184PS、最大トルク280Nm発生ターボエンジン「M264」を採用した、メルセデス・ベンツ「E200/E200スポーツ」

GM「シボレー コルベット スティングレイ コンバーチブル」

GMは、コルベット史上初のハードトップを採用し、ミッドシップ エンジンを搭載したコンバーチブル「シボレー コルベット スティングレイ コンバーチブル」を発表した。会場となったフロリダ州ケネディ宇宙センターには、新型「シボレー コルベット スティングレイ」をベースにしたレーシングカー「コルベットC8.R」もサプライズ登場し、共にセンセーショナルなデビューを飾った。

【参考】コルベット史上初のハードトップを採用した次世代型6.2リッターV8 LT2エンジン搭載の「シボレー コルベット スティングレイ コンバーチブル」

フォルクスワーゲン「T-Cross」

フォルクスワーゲンは、年内に国内発表を予定しているフォルクスワーゲンの SUV ファミリーの中 で最も小さいコンパクトSUV 新型「T-Cross(ティークロス)」ティザーサイトを公開した。また、サイト公開に合わせて全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーでは、新型「T-Cross」の特徴を 解説するスペシャルリーフレットを配布する。

【参考】年内に国内発表!フォルクスワーゲンの最小コンパクトSUV「T-Cross」がティザーサイトとリーフレットで一足先に公開

トヨタ「カローラ」「カローラ ツーリング」「カローラ スポーツ」

トヨタは、カローラ(セダン)、カローラ ツーリング(ワゴン)を車名とともにフルモデルチェンジするとともにカローラ スポーツ(ハッチバック)を一部改良し発売した。 カローラは、1966年に誕生して以来、現在、世界150以上の国と地域で、販売累計台数4,750万台を超えるロングセラーカーとなった。

【参考】フルモデルチェンジしたトヨタ「カローラ」「カローラ ツーリング」と一部改良した「カローラ スポーツ」を徹底解剖

トヨタ「グランエース」

トヨタは、新型車グランエースを、全国のトヨタ車両販売店を通じて、2019年内に発売する予定と発表した。 販売に先立ち、2019年10月24日(木)から11月4日(月・休)までの12日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)を中心に、「OPEN FUTURE」をテーマとして開催される第46回東京モーターショー2019トヨタ車体ブースにおいて初披露する。

【参考】東京モーターショーで初披露される全長5.3m、全幅1.97mのトヨタの新型フルサイズワゴン「グランエース」

スズキ「S-PRESSO」

スズキのインド子会社マルチ・スズキ社は、新型の小型SUV「S-PRESSO(エスプレッソ)」を発売した。 新型「S-PRESSO」は、マルチ・スズキ社が「エスクード」などに代表される、スズキのSUVの流れを汲んだデザインを採用したモデル。 エクステリアは存在感のあるフロントバンパーに、台形をモチーフとしたフロントグリルや、ウィンカーを掴むように配置したヘッドランプを組み合わせることで、力強くタフな印象とした。

【参考】日本でも売れそう!?スズキのインド市場にワイルドなデザインの小型SUV「S-PRESSO」を投入

ホンダ「N-BOX」

ホンダは、軽乗用車最大級の室内空間や存在感のあるデザインなどで好評、2017年9月の発売以降、新車販売台数第1位を獲得し続けている「N-BOX(エヌボックス)」を一部改良し発売した。 今回のモデルチェンジでは、全車標準装備としている先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の衝突軽減ブレーキ(CMBS)やリアワイドカメラの性能を向上させ、安心感をさらに高めている。

【参考】衝突軽減ブレーキやリアワイドカメラの性能がアップ!ホンダ「N-BOX」が安全運転支援機能を強化し一部改良

構成/DIME編集部

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(@DIME )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します