現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 三菱「アウトランダー」が一部改良で4WD車全車に「A-AWC」を標準装備

ここから本文です
ニューモデル 2019.9.13

三菱「アウトランダー」が一部改良で4WD車全車に「A-AWC」を標準装備

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月12日、三菱自動車は3列シートSUVの「アウトランダー」に一部改良を実施し、同日より発売した。消費税8%込みの車両価格は267万6240円~335万8800円だ。

特別仕様車「ブラックエディション」には撥水機能付きのシート生地を新採用

    三菱「アウトランダーPHEV」が一部改良で新たなナビ&オーディオシステムを設定

 新型では、4WD車全車に車両運動統合制御システム「S-AWC」を標準装備。AYCブレーキ制御をアウトランダー専用にセッティングし、ステアリング操作に対して応答遅れのないドライバーの意図通りのコーナリングを実現。また、発進時に車輪の空転をブレーキで抑制することで、雪道などの滑りやすい路面でも力強い発進を可能としている。

 走行モードは従来の「AWC ECO」「NORMAL」「SNOW」に加え、新たにラフロードでの走行に適した「GRAVEL」を追加。走破性をさらに向上させた。


 装備面では同日発売の新型「アウトランダーPHEV」にも設定された「ミツビシパワーサウンドシステム」や「スマートフォン連携ナビゲーション」を採用。利便性や快適性を高めている。

 内外装の改良点も新型アウトランダーPHEVと同様に、ボディカラーに「レッドダイヤモンド」を新たに設定したほか、運転席にパワーランバーサポート機能を、形状やクッションを見直してサポート性を高めたセカンドシートを採用している。


 特別仕様車の「ブラックエディション」には、ブラック塗装の18インチホイールをはじめ、ダーククロムのフロントファンネルガーニッシュやリヤゲートガーニッシュを装着したほか、撥水機能付きのシート生地を新たに採用。インテリアはブラックを基調にステアリングホイールやシフトノブ、シートにレッドステッチを施し、ブラックカーボン調のオーナメントパネルをインパネやドアトリムに採用し、上質な空間を演出している。


●新型「三菱アウトランダー」モデルラインナップ
[2WD車]
・20M:267万6240円
・20G:285万6600円
・20Gプラスパッケージ:308万6640円
・特別仕様車ブラックエディション:294万6240円

[4WD車]
・24M:294万8400円
・24G:312万6600円
・24Gプラスパッケージ:335万8800円
・特別仕様車ブラックエディション:321万6240円
※価格は消費税8%込み。2019年10月以降に登録した場合は消費税10%が適用される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します