現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 三菱 アウトランダー、車両運動統合制御システム「S-AWC」を4WD車全車に標準装備

ここから本文です
ニューモデル 2019.9.13

三菱 アウトランダー、車両運動統合制御システム「S-AWC」を4WD車全車に標準装備

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱自動車は、ミッドサイズSUV『アウトランダー』に一部改良を施し、9月12日より販売を開始した。

今回の一部改良では、4WD車全車に車両運動統合制御システム「S-AWC」を標準装備した。AYC(Active Yaw Control)ブレーキ制御をアウトランダー専用にセッティングし、リニアなステアリング操作を実現。ドライバーの意図通りのコーナリングが楽しめる。また、「AWC ECO」「NORMAL」「SNOW」に加え、新たにラフロードでの走行に適した「GRAVEL」を追加することで、高い走破性を実現している。

    三菱アウトランダー、超シブ技術がてんこ盛り

機能装備では、アウトランダー専用設計の「ミツビシパワーサウンドシステム」を新たに設定した。510Wのパワーアンプ、8個のスピーカーシステムを採用することで、クリアかつ存在感のある音質を実現。室内形状やスピーカー位置に合わせて専用の音響チューニングを施すことで、心地よい透明感のあるサウンドを奏でるオーディオシステムとした。

また、「スマートフォン連携ナビゲーション」を新設定。内蔵地図によるルート案内やVICS交通情報対応といった便利な機能に加え、AndroidスマートフォンやiPhoneをUSBポートにつなぐだけで、Android AutoやApple CarPlayのお気に入りのアプリを満喫できる。また、ディスプレイ画面を8インチに拡大し、見やすさや操作性を向上させた。

エクステリアでは、ボディカラーに強い輝きと深みを併せ持つ上質なレッドダイヤモンドを新たに設定し、全7色展開とした。特別仕様車「ブラックエディション」では、ダーククロムのフロントファンネルガーニッシュとリヤゲートガーニッシュ、ブラック塗装の18インチアルミホイールを採用し、ブラック系でコーディネート。ボディカラーはルーフをブラックマイカとし、ブラックマイカ/レッドダイヤモンド、ブラックマイカ/ホワイトパール、ブラックマイカ/チタニウムグレーメタリックの2トーンカラーを新たに設定。モノトーンのブラックマイカと併せ、全4色展開とした。

インテリアでは、運転席に腰部を適度に支持して運転姿勢を適正化させるパワーランバーサポート機能を採用。また、セカンドシートの形状及びクッションを見直し、サポート性を向上させた。

特別仕様車ブラックエディションでは、撥水機能付きのシート生地を新たに採用。室内天井に合わせすべてのピラーをブラックで統一し、ステアリングホイール、シフトノブ、シートなどにアクセントとしてレッドステッチを施すとともに、ブラックカーボン調のオーナメントパネルを採用することで、上質な室内空間とした。

価格は267万6240円から335万8800円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します