現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ピニンファリーナ 新たな電気自動車用プラットフォームをボッシュ等と共同開発

ここから本文です
ニューモデル 2019.9.12
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高性能電動プラットフォームを共同開発

アウトモビリ・ピニンファリーナは、技術関連の大企業であるボッシュと、自動車部品会社のベントラーと共同で、新たな高級車用の高性能電動プラットフォームを開発すると発表した。

    【画像】アウトモビリ・ピニンファリーナ 全36枚

同社は現在、最初の製品となる1900psの電動ハイパーカー、バッティスタを開発中だ。2020年に発売予定の同車は、リマックC_Twoと基本技術を共有している。だが、ピニンファリーナはさらに幅広い電気自動車のラインナップを以前から計画していた。2026~27年には3~4車種のモデルを揃えたいとしている。(AUTOCAR JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン