現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型アウディRS7発表 アップデートを受けた600psのV8エンジンを搭載

ここから本文です
ニューモデル 2019.9.10

新型アウディRS7発表 アップデートを受けた600psのV8エンジンを搭載

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

600psのV8を搭載したRS7

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)アウディ・スポーツが2代目RS7を発表した。拡大し続けるRSモデルレンジに、真の「グランドツアラー」として設計されたモデルが追加されることになる。

    【画像】新型アウディRS7 全51枚

フランクフルト・モーターショーで発表された新しいRS7は、2020年初頭に発売が開始される予定。ベースとなったのはアウディA7スポーツバックで、パワートレインを共有するRS6の兄弟モデルとなる。エンジンは4.0LのV8に電圧48Vのマイルド・ハイブリッドシステムを結合。最高出力600ps、最大トルク81.4kg-mで、0-100km/h加速は3.6秒。最高速度は249km/hでリミッターが入るが、オプションのダイナミック・プラス・パッケージを選択すれば、304km/hまで伸ばすことも可能。

A7から大幅にエクステリアデザインには手が加えられ、ボンネットとフロントドア、テールゲート以外のすべてのボディパネルはRS7の専用設計。全幅は1951mmでA7よりも40mm広くなっている。エクステリアデザインを手掛けたフランチェスコは、「プレステージカーとしての姿を表現できた」とAUTOCARに話してくれた。

フロント周りはグロスブラックのシングルフレームグリルが新しくなり、冷却効率を高めるべく、スーパーカーのR8を彷彿とさせるエアインテークが穿たれている。リアで目を引くのは大きなディフューザー。大きなエグゾーストはクロームメッキ仕上げで、アウディ・スポーツのモデルの中では最大の径となるという。フロント・リアともにライト類はLEDが標準。テールゲートには、120km/hを超えると拡張するスポイラーを内蔵する。

RS7のホイールは鋳造の21インチ・アルミホイールが標準で、オプションとして22インチも設定。RSブレーキディスクが標準となり、ディスクの直径はフロントが420mm、リアが370mm。オプションでセラミックブレーキも選択でき、直径は440mmと370mmへと大きくなる。

クワトロとエアサスペンションは標準装備

インテリアは、RSステアリングホイールにアルミニウム製のシフトパドル、ナッパレザー張りのスポーツシートなど、アウディ・スポーツらしくまとまっている。アウディ・バーチャルコクピットとヘッドアップディスプレイには、2種類のRSモードなど、RS専用の画面を設定。リアシートは独立した2名掛けかベンチシートの3名掛けかが選べ、初めて定員を5名とすることが可能になった。

マイルド・ハイブリッドシステムを組み合わせたV8エンジンのパワーは8速ATを介して4輪へと伝達。メカニカル・センターデフの前後のトルク配分は標準で40:60だが、トラクション状況に応じて最大でフロントに70%、リアへ85%を分配することも可能だという。

また車輪毎に制御が入るトルクベクタリング・コントロールも採用し、コーナリングをサポートすることでハンドリング性能を高める。オプションのクワトロ・スポーツ・ディファレンシャルを選択すると、より幅広いトルク制御が可能となる。オプションで4輪操舵システムも選択が可能だ。

サスペンションはRS6アバントと基本的に同様で、フロント、リアともに5リンク式となり、アダプティブ・エアサスペンションが標準。A7よりも車高は20mm低くなり、120km/hを超えると更に10mm低くなる。アウディ・ドライブ・セレクトシステムを用いてV8エンジンのサウンドを拡張することも可能で、RSスポーツ・エグゾーストシステムはさらに重厚な響きを与えてくれるという。

RS7スポーツバックの価格は未定だが、8万7610ポンド(1138万円)を超えると見込まれている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN AUTOCAR JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します