現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 軽トラで初めて夜間歩行者検知機能を追加! 安全性を高めたスズキ・キャリイが登場

ここから本文です
ニューモデル 2019.9.4

軽トラで初めて夜間歩行者検知機能を追加! 安全性を高めたスズキ・キャリイが登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スズキ セーフティサポートの機能も充実!

 スズキは2019年9月2日(月)、軽トラック「キャリイ」を一部仕様変更し、発表した。9月17日(火)より発売を開始する。年間販売目標台数は6万5000台だ。今回の仕様変更では、衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」を採用して、軽トラックで初めて夜間の歩行者を検知できるようにした。

    首都高最速と言われる最強マシンもランクイン! 走りのいい営業車トップ3

 また、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティサポート」の機能も充実した。軽トラックで唯一搭載している前後の誤発進抑制機能に加えて、車線逸脱警報機能やふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストなどを追加。これらの機能をKX、スーパーキャリイ、特別仕様車KCスペシャル、農繁スペシャルに標準装備したほか、メーカーオプション設定車を増やしている。

 そのほかにも、ヒーターコントロールパネルをダイヤル式に変更したほか、KXではフォグランプベゼルをメッキに変えている。車体色は新設定となるクールカーキパールメタリックを追加し、全5色展開とした。

 価格はキャリイが72万2520円~127万80円、スーパーキャリイが102万2760円~138万7800円、特別仕様車のKCスペシャルが95万2560円~118万3680円、農繁スペシャルが112万8600円(8%税込)。

 さらに、メーカーオプションとして用意しているスズキセーフティサポートを6万4800円、KXとスーパーキャリイXに設定しているディスチャージヘッドランプを5万4000円、強化リヤサスペンションを5400円で提供する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nik*****|2019/09/04 22:54

    違反報告

    これだけの安全装備が用意されて魅力的になったけれど、四駆がフルタイムだったら文句ないんだよなぁ。軽トラのパートタイム四駆は冬の凍った駐車場で駐車スペースに入れようとするようなシチュエーションでステアリング系が壊れるんじゃないかってくらいの酷いフィールを返してくるのが嫌なんだよ。パートタイム四駆の軽トラはダイハツしか運転経験がないが、ホントにダイハツのは酷い。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します