現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > MINIジョン・クーパー・ワークス クラブマン、新型は“オトナ”になった【海外試乗】

ここから本文です
ニューモデル 2019.8.30
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MINI JOHN COOPER WORKS CLUBMAN

MINIジョン・クーパー・ワークス クラブマン

    MINIジョン・クーパー・ワークス クラブマン、新型は“オトナ”になった【海外試乗】

足まわりのセッティングは先代から大幅に改善

MINIといえばゴーカート・フィーリングである。まるでレーシングカートのようにダイレクトでクイックなハンドリングのことをMINIはゴーカート・フィーリングと称しているようだが、その表現の仕方は2013年にデビューした3代目で大きく変化したと私は捉えていた。(GENROQ Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • jcm*****|2019/08/30 20:51

    違反報告

    クラシックミニと同一の出で立ちの如く、真しやかに60周年を謳っている。虚偽くさいし。
    賞賛される方の感性だから、仕方ない。
  • mar*****|2019/08/31 01:13

    違反報告

    20年前にデカくなり、大人になって納まりきれずに釣り上げた深海魚みたいにグリル等が飛び出してきた!
    かつての名車達も独の御三家VW、Au、Bmなら売れちゃう!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン