現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型 アウディS6アバントTDIに試乗 V6ディーゼルターボに48Vハイブリッド

ここから本文です
ニューモデル 2019.8.30

新型 アウディS6アバントTDIに試乗 V6ディーゼルターボに48Vハイブリッド

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美しいワゴンボディにV6ディーゼル

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)アウディにとってのディーゼルエンジンは、英国にとっての首相並に重要な存在だといったら、大げさだろうか。酸性雨の原因でもある窒素酸化物(NOx)の量が多いという理由などで、人気は低迷しているが、アウディはまだその可能性を信じている。ターボを組み合わせた力強さは、捨てがたいのかもしれない。

    【画像】S6とS7スポーツバック 全56枚

新しいS6アバントにも、ディーゼルエンジンが搭載されている。給油の際はポンプの油種に気をつけたい。3.0LのV6ターボには48Vのマイルドハイブリッドが組み合わされており、A6 50 TDIサルーンにも見られる内容。だが「S化」させるに当たり、パワーは増強されている。

アピアランスは、弟分のA6との差は小さい。フロントグリルにクロムメッキ処理されたパーツが増え、ミラーカバーもスタイリッシュなシルバー。4リングスの横には「S」のエンブレムが添えられ、アルミホイールは21インチの「アウディ・スポーツ」ブランドのものが奢られる。テスト車両の場合、ボディカラーは鮮やかなレッドで、それ以上の装飾は不必要そうだ。

アウディはステーションワゴンのエクステリアを、どうすれば美しくデザインできるのかを理解しているが、最新モデルでも外していない。静かに佇みながらも、動的な可能性を感じる。大きく伸びる水平基調のラインを、端正なプロフィールが引き立てている。

価格を正当化させるA6と一線を画す走り

インテリアでもA6とS6との大きな違いはない。このクラスでも最も優れていると評価できるインテリアだから、改善の余地があるわけではないけれど。シャープなラインで構成された視覚的に美しい造形が車内を覆い、黒のバルコナレザー張りのスポーツシートは、走りに相応の快適性とサポート性を与えてくれる。S6となっても、アウディの車内はリゾート地のように居心地が良い。

リアシートも背が高い大人でも不満のない広さがある。リアシートを生かした状態でのラゲッジスペースの容量は550Lで、このクラスのエステートとしては、特段大きいわけではない。多くのひとにとっては不満のない広さだと思うが、大型犬を飼っているオーナーには、ラゲッジスペースは少々手狭に映るかもしれない。また郊外の公園へ連れて行く場面でも、少々豪華過ぎる。

何よりもS6の価格、6万750ポンド(789万円)を正当化するのは、そのスパイスの効いた走りだ。A6とは明確に一線を画すドライビングが味わえる。S6は運転初心者でも速い。最高出力は349psで、最大トルクは2500rpmも回せば驚きの71.2kg-mを得ることができるのだから。

静止状態からの加速では、明確にターボラグを感じるが、高速道路などの合流加速時でも、そのギャップは体感させられる。一部のスポーツカー好きにとっては悪くない「味」かもしれないが、プレミアム・セグメントであることを考えると、指摘せざるを得ない。一度回転数が乗ってしまえば、みなぎる力感を味わえる。

インテリアの雰囲気に反する排気音

高速道路をひたひたと目的地へ運転する感覚は、優れたアウディの形容詞がそのまま当てはまる。静かで洗練され、少し親近感がない。満タン時の航続距離は965kmに届き、風雨が強い中でも給油をしなければならない機会はずっと少ない。長距離移動も一息でこなせるだろう。

高速道路を降りて、路面状態の良くない一般道を走らせる場面でも、A6に準じた乗り心地を備えている。試乗車に装備されていたオプションのアダプティブ・サスペンションがその中心的な役割を果たしているはずだが、英国では選択できない。だが4輪駆動システムのクワトロが叶えるグリップ力は、適度に重み付けされた電動パワーステアリングのフィーリングと、低回転域からの極太のトルクと相まって、とても安楽。車線の中央にクルマを留めておくことも意識しないで良い。

S6アバントを走らせていると、トライバーの後ろにクジラのような空間が広がっていることも忘れる。コーナリング性能やハンドリングの正確性からは、その増えた車重を感じさせる部分はないといっていい。ドライブモードは変更ができるが、ダイナミックを選択しない限り、その差は明確ではない。

だがダイナミックを選ぶと突然V6が暴れ始める。荒々しいエグゾーストノートは特徴的なもので、古い4ストロークのバイクが後ろに付いてきているのかと思ったが、S6自体が打ち鳴らすものだった。アウディの落ち着いた上質な車内の雰囲気には似つかわしくない、ステアリングを握る手のひらのフィーリングと一致しない、物理的な体験とは異質な音響だといえる。不快ではないとはいえ、この洗練されたクルマの雰囲気にはあまりにも一致しないから、少し奇妙な体験にも思えてしまった。

先進的な技術と快適性という訴求力

8速ティプトロニックATはパドルを弾いて自らのタイミングで変速もできるが、気がつくとATが変速をし始めている。パドルで変速しながらの運転は魅力的だが、これほどの低速トルクを備えていると何速を選んでいるかは、さほど意味をなさなくなる。AT自体任せでも、変速はスムーズでシームレスだ。

試乗車にはオプションがかなり盛り込まれていた。1950ポンド(25万円)のツアーパッケージと1375ポンド(18万円)のシティパッケージ、700ポンド(9万円)のパーキングアシストなど。高価なオプショだが、洗練されたS6を選ぶなら悪くない装備だと思う。800ポンド(10万円)のバング&オルフセン製サウンドシステムは、いつもながらお薦めできる。

クルマ好きにとっては、アウディは定番の選択肢ではある。上質なエグゼクティブ・サルーンやワゴンで長時間を過ごすドライバーにとっては、先進的な技術と優れた快適性は、見過ごせないほど高い訴求力がある。気になる点といえば、クルマとの一体感の薄い、冷淡なドライビングフィールだろう。アウディにとっては、いつもの指摘にはなるけれど。

だがS6は、獰猛なRSの領域に迫ることなく、アウディのステレオタイプに対し、充分に抗した仕上がりを得ている。コーナーでのライン取りも良好だ。クルマでの長距離旅行を頻繁に楽しみ、6万ポンド(780万円)の予算があるのなら、S6はひとつの答えになりえるだろう。

アウディS6アバントTDIのスペック

価格:6万750ポンド(789万円)
全長:4939mm
全幅:1886mm
全高:1470mm
最高速度:249km/h(リミッター)
0-100km/h加速:5.1秒
燃費:12.6km/L
CO2排出量:171g/km
乾燥重量:2020kg
パワートレイン:V型6気筒2976ccターボ
使用燃料:軽油
最高出力:349ps/3850rpm
最大トルク:71.2kg-m/2500-3100rpm
ギアボックス:8速オートマティック

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN ダミアン・スミス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します