現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > プジョー特別仕様車「308 TECH PACK EDITION」 運転支援機能と洗練のインテリア採用へ

ここから本文です
ニューモデル 2019.8.29

プジョー特別仕様車「308 TECH PACK EDITION」 運転支援機能と洗練のインテリア採用へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パークアシスト機能を特別装備

 プジョー・シトロエン・ジャポンは8月20日、主力モデルのCセグメントハッチバック車の308とワゴンの308SWに、パークアシストなどの運転支援機能や専用シートを特別装備した「308 TECH PACK EDITION(テックパックエディション)」を設定した。

    メリットはある? 車検や洗車のときに聞く『クルマの下まわり洗浄』とは

 プジョー自ら「フランスのスタンダードを体現する」と謳う308と308SWは、Cセグメントハッチバック車の同国ベストセラー。その優れた乗り心地とハンドリング、実用性、8速オートマチックと新開発エンジンによる燃費性能などで、欧州のスタンダードカーしても認知されている。

 今回投入された特別仕様車の「308テックパックエディション」は、「308 Allure(アリュー)」をベース車として、斜め後方の死角をカバーするアクティブブラインドスポットモニターや駐車支援のパークアシスト機能を特別装備。さらに専用のハーフ・アルカンタラシート(ブルーアクセント)やインテリア各部のブルー&オレンジステッチ、アルミペダルなどで室内もコーディネート。実用性とスタイリングの両方で、さらに308をグレードアップした1台に仕立てた。

 こうした装備の充実ぶりとは一転して、プライスタグはベース車に対してわずか10万円アップの293万9000~339万7000円にとどめ、競争の激しい輸入車Cセグメント市場で、大いに魅力ある戦略的な価格設定を実現した。

308 TECH PACK EDITION 特別仕様装備内容

・アクティブブラインドスポットモニターシステム

・パークアシスト

・特別仕様車専用バッジ(フロントフェンダー左右)

・ブルー&オレンジステッチ(ステアリング、シート、ドアトリム)

・テップレザー&アルカンタラシート(ブルーアクセント)

・アルミヘペダル/フロントドアステップガード/フロアマット

※そのほかの主要装備などは308 Allure/308 SW Allureと同一

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します