現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型BMW 1シリーズ、日本上陸! 第3世代は前輪駆動でも“駆け抜ける喜び”をもつ

ここから本文です
ニューモデル 2019.8.29

新型BMW 1シリーズ、日本上陸! 第3世代は前輪駆動でも“駆け抜ける喜び”をもつ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMW 1 Series

BMW 1シリーズ

    メルセデスAMG A 35 4MATIC日本発売! AMGが手がけるエントリーホットハッチ

選択肢は「FWD+1.5リッター」か「AWD+2リッター」

ビー・エム・ダブリューは3世代目となる新型1シリーズを日本で発表した。デリバリーは2019年11月以降から順次開始する。

2004年に初代(E87)、2011年に2代目(F20)が登場した1シリーズは、累計250万台を世界中で販売。そのうち4万台が日本市場で、全体販売の4%を占める。Cセグメントのコンパクトクラス唯一の後輪駆動として独自の足場を築いてきた。

今回デビューした3代目(F40)は、コンパクトSUVのX1やX2と共通の「UKL2プラットフォーム」をベースにした、初の前輪駆動。ボディタイプは5ドアのみの設定で、ホイールベースは先代比で20mm短い2670mm、同じく車重は先代比で最大30kgの軽量化を実現している。

ボディ外寸を先代と新型の118i同士で比較すると、全長は5mm短縮されて4335mm、全幅が35mm拡がり1800mm、全高は25mm高い1465mm。ラゲッジ容量はプラス20リットルで380リットルまで増加、後席を倒せば最大1200リットルまで拡大する。後席の足元スペースも約40mm広くなったという。

日本で展開するパワートレイン別バリエーションは、1.5リッターの直列3気筒ガソリンターボ(B38)を積む前輪駆動モデルの118iと、2リッター直列4気筒ガソリンターボ(B48)を積む全輪駆動モデルのM135i xDriveの2種類。前車は7速DCT、後車は8速ATを組み合わせる。本国で用意するディーゼルユニットの116d、118d、120d xDriveの日本導入は未定。

50mまで“自動バック走行”可能

前輪駆動プラットフォームがベースながら“FRのような操縦性”を実現するべく、日本のラインナップでは初となるARB(actuator contiguous wheel slip limitation:アクチュエーター連動ホイールスリップ制限機構)を採用。FWD特有のアンダーステアを大幅に、かつ迅速に軽減するのが目的で、日本未導入のi3 sから採用されている技術だ。これはエンジンコントロールユニット内に制御機構を直接配置することで、横滑り防止装置DSCを介さずにスリップ信号を伝達できる仕組み。これにより制御速度は従来の3倍、体感ではレスポンスが10倍速く感じられるという。

先進の運転支援機能では、新型3シリーズや8シリーズ、X5で採用している「リバース・アシスト」を備えたパーキングアシスト機能を全車に標準装備。35km/h以下での走行時に直近50mの軌跡を自動的に記録、その記憶した軌跡通りに後退ができるというもの。後退のしづらい箇所や、長めのバック走行が強いられる場所などでの活用が見込める。

「オーケー、BMW」と声をかけるだけで操作

コクピットはタッチパネル機能つきの10.25インチのインフォメーション・ディスプレイと10.25インチ液晶メーターで構成。最新インフォテインメント&デジタルOSの「BMWオペレーティング・システム7.0」に対応する。

AI技術を利用した自然対話式音声認識機能「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」も利用可能。スマートスピーカーのように「オーケー、BMW」と声をかければエアコン調整やラジオの番組変更、走行距離の確認などが行える。学習機能を備えており、使用頻度に応じてドライバーのクセや好みを学習し、精度が向上、呼び掛ける“名前”を任意で設定することもできる。

日本で販売するラインナップは、ベーシックな「118i」、装備違いの「118i Play」、「118i M Sport」、トップグレードの「M135i xDrive」の4モデル。

M135i xDriveは306ps/450Nmを発する高性能バージョンで、機械式トルセン・リミテッド・スリップ・ディファレンシャルを標準装備する。直径100mmのデュアル・エキゾースト・テールパイプやメッシュグリルなどで見た目を差別化。本国仕様では、0-100km/h加速4.8秒を記録している。

ボディカラーはソリッドのアルピン・ホワイト、メタリックのミネラル・ホワイト、メディテラニアン・ブルー、ミサノ・ブルー、ミネラル・グレー、ブラック・サファイア、ストーム・ベイの8色を揃える。

新型1シリーズは、先行予約の受付をウェブサイト上で行うことができる「BMWオンラインプレオーダー」の対象モデル。話題が集中する新型車種でも優先的な対応を受けられるという。

【SPECIFICATIONS】

BMW 118i

ボディサイズ:全長4335 全幅1800 全高1465mm
ホイールベース:2670mm
エンジン:直列3気筒DOHCガソリンターボ
総排気量:1499cc
最高出力:140ps(103kW)/4600~6500rpm
最大トルク:220Nm/1480~4200rpm

トランスミッション:7速DCT

サスペンション形式:前シングル・ジョイント・スプリング・ストラット 後マルチリンク

タイヤ:前後205/55R16

【車両本体価格(税込※2019年10月1日以降に配車・登録のため消費税率10%)】

118i:334万円

118i Play:375万円

118i M Sport:413万円

M135i xDrive:630万円

【問い合わせ】

BMWカスタマー・インタラクティブ・センター

TEL 0120-269-437

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GENROQ Web 三代やよい)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • dat*****|2019/08/30 02:24

    違反報告

    1シリーズもFFと4WDかあ…
    どのメーカー乗っても変わらない。

    FRだからよかったのに。
  • mas*****|2019/08/30 08:26

    違反報告

    元々1シリーズの始まりは、318tiとかのコンパクトだったよね、3のお尻スパッと切って安く作って安く売るみたいな、ほんとに安かったし今のってミニと同じとか言っても専用設計で何より高い。3を食っちゃいけない。3も700万クラスだからいいのか?だんだんbmwらしさすててるな、FR、直6 Ⅾピラーのキック、時代は動いてるのね。
  • jcm*****|2019/08/31 20:51

    違反報告

    NEWベンベ1シリ。
    それは、突き抜けた名車の登場!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します