現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 字幕付き ホットハッチ3台サーキット対決 最速はフィエスタ ヤリスも健闘

ここから本文です
ニューモデル 2019.8.25

字幕付き ホットハッチ3台サーキット対決 最速はフィエスタ ヤリスも健闘

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーチャージャー付き1.8Lのヤリス

今回は楽しくなりそうだ。3台の速くて元気で小さなホットハッチをサーキットでノーズ・トゥ・テールで走らせる。エキサイティングになるだろう。最速の超小型ホットハッチはどれだろうか。

    【画像】ホットハッチ3台 サーキット対決 全93枚

あちらに見えるミニクーパーSなのか、それともフォード・フィエスタSTか。わたしが乗るのはトヨタ・ヤリスGRMN、古典的なスーパーチャージャー付きの1.8Lエンジンを搭載する。今回は面白くなりそうだ。他の2台についていくのも楽ではない。

「君のミニのパワーはどれくらい?」

「192psだよ。つまり189bhpだね」

「フィエスタはどのくらいだったかな。180か170くらい?」

「200psだよ。英国風に言えば197bhpだ」

このクルマが気に入った。公道で乗っていないのでロードカーとしては評価できないが、サーキットではまさに見事だ。非常に良くバランスが取れ、とてもとても俊敏だ。パワーデリバリーはリニアで力強く路面を蹴る。ロータスがチューンした1.8LエンジンはホンダのVTECのようだ。

カーブを美しく駆け抜け、着実にミニを引き離せそうだ。非常にクールで素晴らしいサウンドだ。ミニを引き離すのにそれほど必死になる必要はなく、トラクションやスタビリティコントロールもオフにしていない。

ミニのパワーも十分でターボらしいトルクが魅力だ。しかしフロントのグリップが不足気味なようだ。ランフラットタイヤのせいかもしれない。

小さなヤリスがミニを引き離しにかかっている。ミニはパワーでも劣るが、タイヤのせいもあるだろう。ピレリのシンチュラートではグリップが足りていない。ハイパフォーマンスタイヤではなく、グリップで劣るのは当然だ。彼が膨らんでいくのが見えるが、わたしはそれほど難なくついていける。

ミニのタイヤはややグリップ不足

残念ながらそれほどしっかりグリップしてくれない。頑張ってはいるがフィエスタは離れない。僕のステアリングからはアンダーステアが伝わるが、おそらく彼は平気なようだ。トヨタにジリジリと引き離されるが、フォードはぴったりとついてくる。どこかで抜かれるかもしれない。

このミニの問題点はたくましさがないことだ。グリップ不足によりエイペックスで速度を維持できず、攻め込むとフロントが逃げがちになってしまう。

「君のクルマはグリップ不足のようだね」

「うん。苦しいから先に行ってくれるかい。勝機はなさそうだ」

「ありがとう」

フィエスタがミニの前に出た。追いつかれないように少し頑張ってみよう。楽しいクルマだ。

ヤリスとの距離は50mといったところだろう。追いつけるだろうか。わたしはハイグリップなミシュラン・スーパースポーツを履いている。物理的なグリップでは勝り、パワーは同等だ。彼を狩ることができるだろうか。このクルマの実力を試そう。

楽しいクルマだが、限界はある。攻めすぎると挙動が乱れ、荒々しい振る舞いを見せる。公道でのような満足感はない。

それにしてもフォードは速い。パディ・ホプカークでもこのミニではついていけないだろう。グリップが足りないのだ。

フィエスタはサーキットでは8割か9割くらいのペースが一番楽しめる。これはホッチハッチとしてはどうなのだろうか。攻め込むほどに楽しくなるのがホットハッチではないか。とはいえパフォーマンスは素晴らしい。ヤリスが徐々に近づいている。

このミシュランのグリップは非常に高い。ステアリングは正確でパワーもあり、シャシーバランスは扱いやすく、アンダーステアも多くはない。コーナー中盤でもラインを修正でき、非常に楽しめる。

最速はフォード・フィエスタST

楽しさではヤリスが一番だろう。速さではフォードに勝てるかわからないが、とても楽しめている。素晴らしい。ステアリングは軽く、電動パワステゆえフィーリングは豊かではないが、いまのところ十分だ。シャシーのバランスは良いが、フィエスタは距離を詰めてきている。ブレーキング時には少し不安定になる。

彼のタイヤはそれほど良くない。一周ごとに徐々に距離が縮まっている。また少し近づいただろう。このクルマは速いだけでなくバランスも良好だ。

ヤリスは少しだけパワーで負けている。ダンが近くに迫り、こんなアンダーステアを出したらあと1ラップ程度で完全に追いつかれるだろう。そろそろギブアップだ。

彼を撃墜した。彼はミニを引き離すことはできたが、フィエスタからは逃げきれなかった。このクルマの方が間違いなく速い。

結論を言えばフィエスタが一番速く、次点でトヨタが、そして少し空いてミニという結果だ。とても楽しく走ることができた。ヤリスはクールなクルマだ。

「ごめんよダン。まったくついていけなかった。簡単にマットに追いついたようだね」

「これは僕の運転のおかげ…じゃなかった。タイヤのおかげだよ。グリップ不足でタイトなラインで速度を維持できてなかったようだね」

「そうだね。フロントが逃げるんだ。適切なタイヤがあれば結果が変わったかもしれないね」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN AUTOCAR JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します