現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 250ps 4気筒ターボにポールスター製ソフト ボルボXC40 T5 AWD Rデザイン 試乗

ここから本文です
ニューモデル 2019.8.20

250ps 4気筒ターボにポールスター製ソフト ボルボXC40 T5 AWD Rデザイン 試乗

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

250psの最高出力にポールスター製ソフト

ボルボの最もコンパクトなSUVが、2019年版として標準装備の見直しとともに安全性能も引き上げられた。ボルボでは2番手人気に付ける売れ筋モデルで、2019年上半期だけでも3万2000台以上を販売している。ちなみに1番人気はXC60。あまりの人気で、英国での需要に対して充分な供給がないほど。

    【画像】スカンジナビアデザイン XC40 全51枚

表立って目立った変化はないながら、テールゲートには英国では見慣れないエンブレムが追加されている。それはT5。モデルラインナップとしては、最も強力なガソリンエンジンを搭載していることを示している。搭載される2.0Lの4気筒ターボは、250psの最高出力と35.6kg-mの最大トルクを発生する。少し重めの1650kgほどの車重を持つSUVを、6.5秒で静止状態から100km/hまで加速させることが可能となった。

もうひとつの変更はポールスター。これまでボルボのポールスターといえば、ハイパフォーマンス・グレードを示すブランド名だった。しかし今は独自のEVブランドとして歩み始めており、ハイブリッドのスーパークーペ、ポールスター1のリリースも近づいてきた。先月の、プロトタイプの試乗レポートに目を通していただいた読者もいるだろう。

かといって、ポールスターがボルボの人気モデルに、ワンランク上の興奮を与える余裕がなくなったわけではない。ポールスター・エンジニアードと呼ばれるソフトウエアのアップグレードを、今回提供してくれることになった。XC40のほか、S60やS90、V60とV90の4輪駆動版でインストールできる。

メーカー公認のコンピューターチューン

英国仕様では、基本的にはドライビングモードの「ダイナミック」を上書きし、リアタイヤへ伝達されるトルクの割合を増やすことで、スポーティなドライビングが味わえるようになるというもの。スロットルレスポンスもシャープになり、8速ATは、エンジンの回転数が高い状態でもシフトアップされずにホールドする時間が長くなる。

このオプションは745ポンド(10万円)で、車両購入後にディーラーで対応してもらうことも可能。ちなみに日本の場合は、わずかだが最高出力・最大トルクの増強も得られる。クルマの保証期間などにも変更はない。

また今回の試乗車にはボルボ自慢の安全・運転支援機能「インテリセーフ・プロ」も搭載されていた。ブラインドスポット・モニターの検知によるステアリング支援機能も追加され、クルマの進行方向に衝突や接触の可能性がある場合、回避するためのステアリング操作が入る。

これらのオプションを含めると、クルマの価格は4万2880ポンド(557万円)にまで上がってしまう。ここまで来ると、レンジローバー・イヴォークやアウディQ3の価格帯に届くことになる。エクステリアデザインは個人の好みも大きいが、おしゃれなスカンジナビアン・デザインをまとうXC40と負けないくらい、レンジローバー・イヴォークのエクステリアデザインも魅力的だと思う。

XC40のRデザイン・グレードの場合、20インチの大径ホイールに引き締められたサスペンションが組み合わされるが、コンフォート・ドライブモードでの洗練性やしなやかさは変わらない。英国仕様の場合、ポールスター版ソフトウエアを味わえるのはダイナミックモードのみで、インストール後はポールスターモードへと名前も変更される。

体感できる後輪へのトルク分配割合の増加

ポールスター・モードを選ぶと、後輪への駆動割合が増えたことはすぐに体感できる。ターンインの振る舞いはより引き締まり、標準モデルの引っ張られている感じではなく、押し出されるような感覚が強くなる。

パワーをかけていってオーバーステア状態に持ち込むことも比較的容易だが、ポールスター・モードでもトラクション・コントロールが案外すぐに介入してくる。ステアリングの操舵感は依然として軽いまま。スピードを上げていくと重みも増していくが、フロントタイヤと結びついた、正確性では物足りないことも変わらない。

アクセルペダルの操作に対するレスポンスはぐっと素早くなり、追い越し加速などで多用する中回転域からのパワー感が心強い。モデル構成のかなで最もパワフルな2.0Lエンジンは、ホットハッチに迫る直線加速を披露する。ただし、高回転域まで回しても、さほど引き込まれるような印象はない。ピークトルクは4800rpmまでで、レッドラインの6500rpmのだいぶ手前で細くなるようだ。

トランスミッションは8速ATだが、マニュアルモードでの変速スピードも、ポールスター・ソフトウエアではわずかに速められている。しかし、ステアリングホイールに取り付けられたシフトパドルを弾いても、変速を躊躇する傾向は残ったまま。エンジンの回転数を落としたい時にシフトアップを支持するくらいで、基本的にはAT自体に変速は任せておいた方が良いだろう。

運転の楽しみは増すが、燃費は相応に悪化

ドライブモードの選択画面に「ポールスター」と表示される意外、車内にいると特にポールスター・エンジニアードがインストールされていることを示すものはない。しかし、XC40のクラスでもベストといえる上質なインテリアデザインを乱すことがないという点では、評価できる。

ダッシュボードの中央には縦長9.0インチの、センサス・インフォテイメントシステム用モニターが配される。操作性はわかりやすく洗練されており、エアコンの操作までもタッチモニターで行う必要があるが、ライバルモデルより合理的に内蔵されているといえるだろう。

特別なソフトウエアがインストールされたといっても、ドライバーズカーと呼べるほどのパフォーマンスの向上までは及ばず、XC40が羊の皮をかぶった狼になるというわけではない。しかし、冷静沈着だったSUVに、新たな水準での運転する楽しみを与えてくれていることは間違いない。

これは歓迎すべきことではあるものの、典型的なXC40のターゲットにとっては、余り喜ばしくない数字も付いてくる。T5エンジンの11.0km/Lには届かない実燃費だ。これはパフォーマンスの向上という魅力を、打ち消してしまう可能性すらある。

ポールスター製のソフトウエアは燃費で優れるT4にはインストールできないことを考えると、ディーゼルエンジンを搭載したD4の訴求力も高く見えてくる。そちらは経済性だけでなく、ダイナミクス性能も、決して悪くないのだった。

ボルボXC40 T5 AWD Rデザイン・プロのスペック

価格:3万8485ポンド(499万円)
全長:4425mm
全幅:1851mm
全高:1652mm
最高速度:225km/h
0-100km/h加速:5.4秒
燃費:11.7km/L
CO2排出量:-
乾燥重量:1646kg
パワートレイン:直列4気筒1969ccターボ
使用燃料:ガソリン
最高出力:250ps/5500rpm
最大トルク:35.6kg-m/1800-4800rpm
ギアボックス:8速オートマティック

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN トム・モーガン)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します