現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 光岡、搬送霊柩車のフラッグシップモデル発売へ カスタマイズで幅広いニーズに対応

ここから本文です
ニューモデル 2019.8.19

光岡、搬送霊柩車のフラッグシップモデル発売へ カスタマイズで幅広いニーズに対応

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

光岡自動車は、搬送霊柩車『フュージョン』シリーズに、フラッグシップモデル「プレミアムフュージョン」を追加設定。8月20日開幕の「エンディング産業展 2019(東京ビッグサイト)」で初披露すると同時に販売を開始する。

フュージョンシリーズは、遺体などを搬送する搬送車に加え、霊柩車としても使用できる1台2役の霊柩車だ。ベースモデルはトヨタ『アルファード』および『ヴェルファイア』。家族葬など少子高齢化により多様化する葬儀形態の増加や、葬祭業界の常態的な人材不足を補うために開発した多機能車だ。

    違いはわずか!? 「EARLYモデルのトヨタ アルファード(最新型じゃない現行型)」狙いのススメ

新発売のプレミアムフュージョンは、棺室内に業務で使用する道具や装備などを収納するラックをオプションで装着でき、収納スペースのカスタマイズが可能な設計となっている。また、新設計の室内装飾は立体的に作られた構造体としての美しさを備え、キルティングステッチのレザーと艶を抑えた上品な木目調パネルで装飾。さらにレザーと木目調パネルの色や種類を選択可能とすることで、全く異なる棺室内の雰囲気を演出できるなど、顧客の趣向や地域に合わせたカスタマイズ性にも優れている。

外観は、クォーターピラーに「KIZASHI(キザシ)」と名付けられたランドボーを標準装備し、近未来的なデザインを採用。また、KIZASHIからリアゲートガラスを左右に覆うような造形により、リアビューをより先鋭なスタイルへ昇華。特長的な造形によって、より印象深く付加価値の高いお見送りシーンを演出する。

価格はFFが498万円から、4WDが522万円から。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sr2*****|2019/08/19 22:15

    違反報告

    オラつきながら火葬場に向かう光景を想像してしまった
  • aa0*****|2019/08/20 03:15

    違反報告

    自車の前に突然割り込んできたアルファード。
    運転席‥ではなくテールゲートが開いて死者がこちらに向かってくる。
    すわバイオハザードかと思ったら死者が窓越しにこう言った。
    「オウコラどこに目をつけて走ってんだコノヤロー」
    見るとガラケーで動画を撮っている死者までいるではないか。
    通報すべきは警察か、それとも火葬場か。

    亡者すらもオラつくためだけに蘇生する霊柩車。
    お値段500万円から。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します