現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ピスタのアジリティとGTBの快適性 フェラーリF8トリビュート 初試乗 3.9L V8ターボ

ここから本文です
ニューモデル 2019.8.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピスタのアジリティとGTBの快適性

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)「このクルマのアイデアは、ピスタのアジリティとGTBの快適性をかけ合わせるというものでした」 と説明するのは、フェラーリのテストドライバー、ファブリツィオ・トスキ。488GTBの後継モデルで、フェラーリ製ミドシップ・スーパーカーの核をなすことになる、次期モデルF8トリビュートのことだ。

    【画像】フェラーリF8トリビュート 全71枚

F8トリビュートは最新の量産フェラーリで、そのルーツは458イタリアにまで遡る。(AUTOCAR JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nor*****|2019/08/18 00:59

    違反報告

    これだけ色んな要素をブチ込んでおきながらも、こんなに上手く纏めるのは流石。
    やはり長年スーパーカーの製作に携わって来ただけの事はあると思います。

    全ての曲線が意味を持ち全ての開口部が機能し、そこから醸し出される色気・・・・・
    中身BMWの「あの車」をデザインした連中、これを見て何も感じないのかな?

    ま、どちらも自分には買えませんけどね(つ▽;)アハハハハノヽノヽノ \ / \ / \
  • art*****|2019/08/17 14:45

    違反報告

    外観は458や488のほうがいいかな。
    ポルシェもそんな感じ。992の外観は991と比べて劣化した。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン