現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス・ベンツ 約1000億円の罰金か ディーゼル排ガス不正で

ここから本文です
ニューモデル 2019.8.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今度はC220 CDI、E220 CDI

メルセデス・ベンツの親会社であるダイムラーは、ディーゼルの排ガスを不正に制御するソフトウェアを搭載したとして、8億~10億ユーロ(約940億~1180億円)の罰金が科せられると、ドイツの「デア・シュピーゲル」誌が報じている。

    ディーゼルエンジンの将来 いつまで残る? 小型車は絶望的 希望は大型モデル

同誌によると、ドイツの連邦自動車局はメルセデス・ベンツCクラスおよびEクラスのディーゼル・エンジン搭載モデルから、欧州連合の法律で不正と見做されるソフトウェアを発見したという。対象となったモデルには、販売台数が多いC220 CDIやE220 CDIが含まれる。(AUTOCAR JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bli*****|2019/08/14 20:51

    違反報告

    ドイツの企業って緩いのね
    イタリアもフランスもスウェーデンも日本の企業もちゃんとしたクリーンディーゼルやってるのにね
  • ukr*****|2019/08/14 20:40

    違反報告

    大村 ベンツも結局、不正してんだ。
    フォルクスワーゲン アウディの事何も言えないね。
    ついでに中国企業の傘下になって、いいところないよね。
  • lex*****|2019/08/14 20:01

    違反報告

    やはり便通は、糞だ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン