現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ポルシェ、カイエンの頂点に君臨する新プラグインハイブリッドを本国で発表

ここから本文です
ニューモデル 2019.8.26

ポルシェ、カイエンの頂点に君臨する新プラグインハイブリッドを本国で発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルシェは8月13日、大型SUV「カイエン」に、4リッターV8ターボを組み合わせた新設計のプラグインハイブリッドモデル(PHV)を追加すると発表した。新設定のモデルはシリーズのトップモデルとして君臨し、標準SUVタイプの「カイエンターボSEハイブリッド」と、クーペSUVタイプの「カイエンターボSEハイブリッドクーペ」の2つのボディバリエーションが用意される。

新たなカイエンPHVが搭載するパワートレインは、4リッターV8エンジン(最高出力550ps)に、電気モーター(最高出力136ps)、および容量14.1kWhのリチウムイオンバッテリーを組み合わせたもの。システム最高出力は680psに達し、先に発表された3リッターターボエンジン採用のPHVをシステム出力で218ps上回る。

    カイエンよりカッコいいカイエン クーペの登場で主役は交代!? 目玉のガラスルーフは重量が気になる

パフォーマンスは0-100km/h加速が3.8秒、最高速度は295km/hとスーパーカーレベルを達成する一方、EV後続距離は最大40kmを実現する。

シリーズのトップモデルにふさわしく装備も充実しており、電気機械式ロール抑制システム、エアサスペンション、セラミックブレーキなどを標準装備する。

カイエンPHVは、パフォーマンス、および環境性能に優れるだけでなく、実用面においても一歩先の先進装備を備える。スマホのPorsche Connectアプリを介して、充電時間を設定できるほか、標準装備の補助エアコンを遠隔操作し、乗車前に車内を最適な温度に設定することも可能だ。

単なる高性能モデルでは飽き足らないユーザーにも訴求する魅力を備えたカイエンターボSEハイブリッド。日本導入の暁には、羨望の眼差しを集める存在となりそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します