現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 独BMW、5シリーズPHVの最新モデルを発表 航続距離を3割向上

ここから本文です
ニューモデル 2019.8.26

独BMW、5シリーズPHVの最新モデルを発表 航続距離を3割向上

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独BMWは8月2日、プレミアムセダン「5シリーズ」のプラグインハイブリッド(PHV)モデル「530e」の改良モデルを発表した。新たに搭載バッテリーを一新し、航続可能距離を拡大した。

25の電動化車両を投入する年限を2025年から2023年に短縮することを発表したBMW。先日発表された新型「330e」に続き、矢継ぎ早の登場となったのは、国内にも既に導入されている530eの改良版だ。改良モデルでは、バッテリーを一新し、体積はそのままに総電力量を9.2kWhから12.0kWhへ強化。これによって、モーターのみによるEV走行レンジは66kmへと30パーセント拡大している。最高速もeDRIVEモードを「AUTO」にした状態で110km/h、「MAX」に設定すれば140km/hとなり、日常使いに何ら不満はないだろう。

    峠が得意なスポーツカーだけど妻も喜ぶ!? 一石二鳥の4WS搭載車3選!

一方で、CO2排出量は1.6L/100kmへ20パーセント以上も低減され、ドイツ本国ではカンパニーカーの減税要件に適合する。スペース効率に優れたバッテリーをリアシート下に搭載することで、コンベンショナルな5シリーズとほとんど変わらない410Lのラゲッジスペースを持つこともアピールポイントだ。

改良モデルのパワートレーンは113馬力を発生するモーターに184馬力の2.0L直4ガソリンターボを組み合わせたもので、トータル出力は252馬力/420Nmとなる。また、0-100km/h加速は6.1秒、最高速は235km/hと発表され、スポーツセダンを名乗るのにふさわしい動力性能だ。さらに、今回からAWDの「530e xDrive」も追加され、安定したドライビングフィールを求める向きに訴求を図っている。

もちろん、アダプティブサスペンションや最大20インチまで用意されるホイールなど、通常の5シリーズで選択できるオプションはほぼすべてPHEVでも適用が可能。ベースモデル同様のハイテク装備となる12.3インチと10.25インチのツインディスプレイには、航続可能距離や充電可能箇所などを表示するPHEV専用の機能が付加されている。

アップデートされたバッテリーによりさらに商品力を高めた530eの改良新型。このテクノロジーは「Xシリーズ」のPHVなどにも横展開されているから、多くのモデルが早期に国内導入されることを期待したい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します