現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 日産 新型セレナが360°セーフティアシストを全車標準化 へ 239万9760円から

ここから本文です
ニューモデル 2019.8.4
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

他の追従を許さないミニバンベストセラー

 日産自動車は、ミニバンのセレナをマイナーチェンジ。デザインを一新するとともに、全方位運転支援システム(360°セーフティアシスト)を全車標準装備とするなど、先進安全技術の装備を拡充した。昨秋からの逆風が未だ強く吹くなかで、同社の稼ぎ頭であるセレナの商品力を強化して、巻き返しの礎を築こうとしている。

    日常のお買い物にも使える! ファミリー必見の最新ミニバンキャンパー4選

 セレナは、1991年の発売以降、家族のための安心できるミニバンとして親しまれてきた。現行モデルのC27系は5代目で、2016年8月に運転支援システム「プロパイロット」を擁して華々しくデビュー。(Auto Messe Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • too*****|2019/08/04 11:39

    違反報告

    日産は買わないなー
  • mar*****|2019/08/04 12:21

    違反報告

    240万でやすそうに見えて乗り出し価格は300万近くなるんだよな〜
  • noz*****|2019/08/04 11:56

    違反報告

    あらら~日産のセレナもオラオラグリルになっちゃったかぁ。
    トヨタ系オラオラミニバンと違って、家族・友達と楽しい移動空間的な車だったのになぁ。
    セレナに煽られたことないし。
    新型からは、煽ってくる人達も乗るのかなぁ?
    でもなんで日本を含めたアジア人は、メッキピカピカが大好物なんやろ?
    成金のキラキラ時計やキラキラネックレスで金持ちアピールしたいのかなぁ?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン