現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型シボレー・コルベット(C8) 右ハンドル車を設定、日本導入へ 内装/エンジン

ここから本文です
ニューモデル 2019.7.19

新型シボレー・コルベット(C8) 右ハンドル車を設定、日本導入へ 内装/エンジン

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0-97km/h加速タイム、3秒以下

シボレーは、2020年式の新型シボレー・コルベット・スティングレイを発表した。コルベット・ブランド史上初となるミドシップ・エンジンを搭載したのがトピックである。

    『新型シボレー・コルベット(C8) 追加画像』すべての画像をみる

従来のすべてのシボレーモデルの集大成と位置づけられ、新次元のパフォーマンス、最先端技術、最上級のクラフトマンシップ、ラグジュアリーを提供すべく新たに開発されたという8代目。

ミドシップ・レイアウト化のメリットとして、GMが挙げるのか下記の項目だ。

・リア寄りの重量配分により、直線/サーキットのパフォーマンス向上
・フロントアクスル寄りのドライビングポジションによるレスポンス/操作性向上
・エントリーモデルのコルベットとして歴代最速
・Z51パッケージ装着車両は、0-97km/h加速タイムは3秒以下
・ボンネット、インストルメントパネル、ステアリングホイールを低く配置
・ドライバー/同乗者に対して優れた前方視界を提供
・デュアルトランクによる荷室容量は約357ℓ
・旅行の荷物や2セット分のゴルフクラブを収納可能

ハイウェイでの優れた乗り心地と、サーキットでのバランスのとれたハンドリングを追求したという新型。コイルオーバーダンパーを採用し、まったく新しい乗り心地とハンドリング特性を達成した。ミドシップ化により、まっすぐで短く、強固なステアリングシステムを構築したうえ、電子制御ステアリング・システムに改良を施し、ドライバーの入力に即座に反応するシャシーを開発している。

また、シートポジションが新しくなったことで、重心位置がドライバーの腰部に近づき、車両はドライバーを中心に回転するように。ハンドリングとレスポンスが一新されたと説明されている。

新型コルベットには、新世代の車載デジタルプラットフォームも採用された。最新設計の電子アーキテクチャーは、GMの次世代テクノロジーの導入を可能にし、配線を最小限に留めるとともに、異なる車両システム間の高速な信号伝送および高解像度の画面表示を実現している。本プラットフォームは、オーバー・ジ・エアー(OTA)方式のアップデートと強化されたサイバーセキュリティ対策を通じて、車両の継続的な改善を可能にするという。

パワートレインに関する情報も入ってきた。

自然吸気V8+8速DCT

心臓部には、シボレーの次世代型6.2ℓスモールブロックV8 LT2エンジンを搭載。セグメントで唯一の自然吸気V8となった。パフォーマンスエグゾースト装着時のスペックは下記の通り。

・最高出力:502ps
・最大トルク:65.0kg-m

エントリーレベルのコルベットとしては過去最大のパワーとトルクを発生する。

また、リアハッチに備わる3.2mm厚の軽量なガラスパネルは、LT2エンジンルームの熱を排出するトレーリングエッジを有する。ビジュアル面でも新しいコルベットを特徴づけるものとなった。

次世代LT2エンジンに組み合わされるのが、シボレー初の8速デュアルクラッチ・トランスミッション。TREMEC社と共同で専用開発したもので、ダブルパドル式のクラッチ解除機構が備わっており、ドライバーが両方のパドルをホールドするとクラッチの接続を解除。よりマニュアルに近い操作が可能になる。

スモールブロックの新型V8エンジンは、専用のDCTの利点でもある素早いシフトチェンジを生かすため、トルクカーブを最適化。DCTの1速ギア比をきわめて低く設定することで、トラクションを高めて素早い発進加速を可能にし、2速から6速まではクロスレシオ設定として、サーキット走行においてエンジンのパワーピークを維持しやすいようにしている。また7速と8速は高めのギア比に設定して、ゆったりとした長距離走行を可能にしつつ負荷を軽減し、燃費の向上を図ったという。

ドライバーモードは、Weather、Tour、Sport、Trackの各モードは継続し、2つの新モードを追加。「マイモード」を選択すると、キーをオフにしても、次に乗るときには自分の好みに合わせて調整したドライビングスタイルの設定を維持。「Zモード」は、Z06、ZR1、Z51といったコルベットのパフォーマンスパッケージにちなんで名付けられ、ステアリングホイールの「Z」ボタンで作動。マイモードの設定をさらに一歩進めるシングルユースモードで、エンジンとトランスミッションの調整を行うことも可能だ。

製造開始は2019年下旬から。価格設定およびパッケージング情報は、発売開始近くに共有される予定だ。また、コルベットでは初めて右ハンドル車が生産されることが決定、日本市場に導入される予定である。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します