現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > シトロエン新型C3エアクロスSUVは小柄でポップ、悪路走りも大得意

ここから本文です
ニューモデル 2019.7.19

シトロエン新型C3エアクロスSUVは小柄でポップ、悪路走りも大得意

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンパクトカーC3をベースにSUV化

 プジョー・シトロエン・ジャパンは、日本の道路環境にマッチしたコンパクトさとポップなボディを持ち、先進技術の投入で悪路などでの高い走破性も実現するシトロエンの新型コンパクトSUV「C3 AIRCROSS SUV(C3エアクロスSUV)を日本導入することを発表。7月16日より全国のシトロエン販売店にて発売を開始した。

    高級SUV・DS7クロスバック、フランスのオートクチュールがクルマに波及

 シトロエン・ブランドのSUVとしては、5月に発売したクロスオーバーモデルのC5エアクロスSUVに次ぐ国内導入の第二弾モデル。全長4160mm×全幅1765mm×全高1630mm×ホイールベース2605mm というコンパクトなボディサイズを持つSUVだ。

 兄弟車のC5エアクロスSUV(写真下)のボディサイズが、全長4500mm×全幅1850mm×全高1710mmなので、車格は全体的に小さくまとめられているのがデータからもよくわかる。

 小さな路地などでも取り回しがやりやすい小柄な車格は、シトロエンの人気コンパクトカーC3とおなじPF1と呼ばれるプラットフォームをベースに、SUV向けにモディファイしたもの。これに、同じくC3で定評がある1.2リッター・3気筒ターボエンジンや、電子制御6速オートマチックミッションEAT6をマッチング。

 最高出力110ps/5500rpm、最大トルク205Nm/1750rpmという低速から扱いやすいエンジン特性と、WLTCモードで14.7km/Lという優れた燃費性能を実現している。

無塗装プロテクターでワイルドさも演出

 全体的に丸みを帯びたエクステリアは、ルーフやドアミラー、リアクォーターパネルに差し色をいれることでポップなイメージを演出。厚みのあるフォルムにタフな印象をプラスした。

 特にフロントフェイスは特徴的。シトロエンのマークであるダブルシェブロンをあしらったグリル両側に超薄型のデイタイム・ランニングライトを装備し、その下にヘッドライトをドライビングライト風に配置するなどで、個性的な顔つきを実現している。

 また、フロントバンパーにはグレーの無塗装プロテクターなども装備し、ワイルドさも表現。ポップ過ぎない絶妙なバランスを醸し出す。加えて、リヤゲート下端部分も同様のプロテクターを装備することで、トランクへ荷物の積み下ろしをする際に塗装面を気にせずに済み、実用性にも配慮した。

 グレードは、FEELとSHINEの2つ。SHINEには電動ガラスサンルーフのパノラミックサンルーフを標準設定し、オープン時により明るく、開放的な室内空間を実現する。

 インテリアでは、ステアリングホイールやエアアウトレット、シートなどに、エクステリアと同様のアクセントカラーを配することで、華やかさとリラックスできる空間を演出。

 特に注目はフロント2列、リヤ3列のファブリック製シート。多様なアレンジが可能で、コンパクトな車体ながら余裕ある積載性を実現している。

 例えば、6:4分割可倒式のリアシートは、スライドとリクライニングが可能。左右独立して最大まで前方へスライドさせることで、クラス最大級といえる520Lものラゲッジスペースを確保。リアシートをすべて畳めば天井までの最大容量が1289Lとなり、クラストップの広さを実現する。

 また、前後の助手席側シートを前方へ倒すと、長さ約2.4mまでの荷物を積載することが可能。サーフィンのセミロングボードやスキーなどを積み、海や山などでアウトドア・スポーツを楽しむこともできる。

 また、センターコンソールには、見やすさと扱いやすさを備えた7インチタッチスクリーンを装備。Apple CarPlayTM、Android AutoTMに対応するスマートフォン接続機能も搭載し、USBケーブルを接続するだけでカーナビやオーディオアプリなどが直感的に使用できる。

路面状況に応じた5つの走行モード

  さらに、優れた悪路走破性を持つのもC3エアクロスSUVが持つ魅力のひとつ。C5エアクロスSUVにも採用されるグリップコントロールは、シトロエンが培った駆動力制御、車両運動制御のノウハウを活用したトラクションコントロールの進化版ともいえる機能。

 路面状況に合わせた5つのモードが選択可能で、その時々の状況下で最適となる様々なアルゴリズムを組み合わせることで、パワートレインやブレーキを統合制御し、トラクションの最適化と走破性の向上を図る。このモード切り替えはダイヤルで可能となり、選択できるモードは5つ(ノーマル・スノー・マッド・サンド・オフ)を設定する。

  加えて、滑りやすい急斜面の下り走行をアシストするヒルディセントコントロールも装備。5%以上の勾配の下り坂で速度が30km/hを下回った場合にシステムが作動し、ドライバーはステアリング操作だけに集中でき、スリップの危険性を回避できる。

 欧州の自動車安全テストのユーロNCAPで、5つ星を獲得した安全装備も抜かりない。例えば、アクティブセーフティブレーキ。前方の車両や障害物を検知し、ドライバーが回避操作を行なわない場合に自動的にブレーキを動作させる機能だ。作動範囲は5~140km/hで、約80km/h以下では停止車両を、約60km/h以下では歩行者も検知する。 

 また、スピードリミットインフォメーション&リコメンデーションは、走行中に車載カメラが道路標識の制限速度を認識してインストルメントパネルに表示。他にも対向車や前方車両を検知した場合、自動でハイビームとロービームを切り替えて最適な視界を確保するインテリジェントハイビームなど、先進の安全支援機能を装備する。

  さらにレーンデパーチャーウォーニング&ドライバーアテンションアラートは、走行中に車線を検知し、ウィンカー操作をせずに車線からはみ出しそうになるとインジケーターと音で警告。ふらつきを検知して居眠り運転の警告も実施する。 

 パークアシストは、車庫入れや縦列駐車の際に、駐車可能なスペースを検知し、ステアリング操作を自動で実施。ドライバーは簡単な操作だけで駐車できるなど、コンパクトカークラスでは最上級ともいえるセーフティ機能の数々を備えた。

 ボディカラーはナチュラルホワイト、インクブラック、グリプラチナム、サーブル、ブリージング ブルー、スパイシーオレンジの全6色。あらかじめ設定された2色のルーフカラーに加え、ヘッドライトユニットベゼルやドアミラー、ルーフレール、リヤクオーターパネルステッカーのカラーも3色から選べるカラーパックも用意している。

 車両本体価格(税込)は、259万円~297万円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します