現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「3」、「6」ときて次は「2」! マツダが「デミオ」を「マツダ2」に車名変更して9月より発売開始

ここから本文です
ニューモデル 2019.7.18

「3」、「6」ときて次は「2」! マツダが「デミオ」を「マツダ2」に車名変更して9月より発売開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダは、コンパクトハッチバックの「デミオ」を、「MAZDA2(マツダ・ツー)」と車名変更した上で、改良を施し9月12日より発売すると発表しました。

「アクセラ」をフルモデルチェンジで「MAZDA3」に、「アテンザ」を2.5Lターボエンジン追加を機に「MAZDA6」と車名変更して、マツダブランドの今後のネーミングルール統一への強い意志を見せたマツダですが、矢継ぎ早にデミオも改良を機に「MAZDA2」へと車名変更を行ったかたちです。

    マツダ2試乗。ターゲットの30~40代女性に受け入れられるか?

「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」は全車速追従機能付にグレードアップ。ヘッドライトのLEDユニットの20分割化により夜間視認性を向上させた「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」、「レーンキープアシストシステム(LAS)」を設定しました。

また、高速走行時の車両挙動の安定性をさらに高めるため、「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC プラス)」を採用しています。快適な乗り心地を目指した新サスペンションシステムの採用など、変更箇所は多岐に渡っていて、現オーナーは乗って違いを確かめたくなりそうです。

エクステリアはフロントを中心に変更されていて、新世代のマツダを象徴するイメージカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」も最新のカラーにアップデートされています。

インテリアも頭がぶれにくい新構造のフロントシートや ドライビングポジションメモリー機能付きの運転席6Wayパワーシートの設定、デザインとカラーの変更、 マツダ コネクトをApple Carplay、Android Auto対応など細かな改良を行っています。

マツダの数字のモデル名というと、ユーノス800、ユーノス500、ユーノス300、ユーノス100などが思い浮かんでしまいますが、今回の新ブランド戦略が成功するか否か、マツダファンならずとも気になるところではないでしょうか。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kma*****|2019/07/18 14:30

    違反報告

    フルモデルチェンジと同時に改名したMazda 3は理解できますが
    アテンザやデミオのこの時点での改名は少し違和感があります。

    そして、装備充実の影響があるとはいえXD L Packageで240万円は・・・
    競合しないのはわかっていますが、CX-5の20Sの背中が見えてしまう価格。
    (なおさら、フルモデルチェンジを機に値上げすべきと思ってしまう)

    魂動世代のマツダの、価格に対するプレミアム感や実際の満足感には目を見張るものが
    あるものと思ってきましたが、ここにきて少し急ぎ足になりすぎている気がして心配です。
  • kuz*****|2019/07/18 14:08

    違反報告

    マツダ好きはともかく一般人は区別できなくなるんじゃないの?
    せめてFMCまで待てばいいのに。
  • ono*****|2019/07/18 16:10

    違反報告

    323とか626とか昔の輸出用社名の数字の方がいい。あと日本では数字より名前の方が覚えやすいし、いいのにな。ファミリア、カペラ、コスモと言う名前だとカタチがイメージできるけど、2とか言われても?????

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します