現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ノヴィテックが手がけたマクラーレン 600LT、最高出力688hpを達成!

ここから本文です
ニューモデル 2019.7.18

ノヴィテックが手がけたマクラーレン 600LT、最高出力688hpを達成!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NOVITEC McLaren 600LT

ノヴィテック マクラーレン 600LT

    ノヴィテックが手がけたマクラーレン 600LT、最高出力688hpを達成!

3段階のエンジンチューンプログラムを用意

フェラーリを中心にチューニングカーを展開するドイツのノヴィテック(NOVITEC)が、「マクラーレン 600LT」のチューニングプログラムを発表した。同ブランドが得意とするエンジンマネージメントプログラムにより、最高出力688hp・最大トルク712Nmを発揮する。

トッププログラムは最高出力688hp・最大トルク712Nmを発揮

600LTのミッドに搭載されるマクラーレン製3.8リッターV型8気筒4バルブツインターボエンジンに向けて、ノヴィテックは3ステージのエンジンパフォーマンスキットを展開。エンジンマッピングシステム、ノヴィテック・Nトロニックはピークパワーの異なる2種類のプログラムが用意され、コクピットに設置されたアクティブダイナミックパネルで使用することができる。

最もパワフルなプログラム「パフォーマンス・ステージ2」には、エンジンマッピングに加えてノヴィテック・レース・ハイパフォーマンス・エキゾーストシステムが組み合わせられ、ベースエンジンから最高出力が64.7kW(88hp)、最大トルクが92Nm向上。最高出力688hp・最大トルク712Nmというスペックを実現した。

「パフォーマンス・ステージ2」を搭載した600LTは0-100km/h加速が2.8秒、最高速度333km/hを達成。抜群の加速や最高速だけでなく、公道における鋭いスロットルレスポンスも手にしている。

アグレッシブでレーシーな外観を実現したトランクリッド

ノヴィテック・トランクリッドは英国製スーパースポーツのエクステリアをアグレッシブに変貌。リヤの2ピース・カーボンエアボックスはレーシングカーのような外観だけでなく、最適化されたフレッシュエアをエンジンに供給する。また、足まわりにはノヴィテック製スポーツスプリングを装着し、ベースから30mmローダウン化を実現している。

ヴォッセと共同開発した軽量鍛造アルミホイール

足元にはアメリカのホイールメーカー・ヴォッセ(Vossen)と共同開発した、新型軽量鍛造アルミホイール、ノヴィテックMC3を採用した。フロントは20インチ、リヤは21インチサイズで、繊細なマルチスポークがデザイン上の特徴。リムは77種類のカラーバリエーションを展開し、オプションでブラッシュド仕上げとポリッシュ仕上げも用意されている。

インテリアもこれまでのプログラムと同様に、ドライバーの好みにに合わせたカスタマイズが可能。レザー、アルカンターラ、カーボンなど様々なカラーや素材を選ぶことができる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GENROQ Web GENROQweb編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します