現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 初試乗 ベントレー・コンチネンタルGT V8 W12を上回るブランドの本質

ここから本文です
ニューモデル 2019.7.13

初試乗 ベントレー・コンチネンタルGT V8 W12を上回るブランドの本質

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

どんなクルマ?
ー ベンテイガと同じV8から550psを獲得
どんな感じ?
ー シャシーとのバランスで勝るV8
ー 伝統的なグランドツアラーとして最上級
「買い」か?
ー W12よりもベントレーの本質を突いている
スペック
ー ベントレー・コンチネンタルGT V8のスペック

    ベントレーEXP100 GT発表 ベントレー創立100周年記念

どんなクルマ?

ベンテイガと同じV8から550psを獲得

ベントレーの最新モデルとはいえないコンチネンタルGTに、4.0ℓのV8ツインターボモデルが加わった。先代のコンチネンタルと同様に、6.0ℓのW12気筒エンジンを搭載したフラグシップモデルと両翼をなす、重要な位置付けのモデルとなる。

エンジン自体はベンテイガV8と基本的に同じ。最高出力は550psで、528psを発生させていた先代コンチネンタルGT Sよりもパワーアップを果たしている。加えてシャシーは130kgと、効果的なダイエットにも成功している。0-100km/h加速は健康的に4.0秒で到達する。

価格は14万8800ポンド(2023万円)からで、6.0ℓW12エンジンのコンチネンタルGTよりも1万1000ポンド(150万円)ほど低い設定となる。車重も現行のW12より50kg程度軽くなるが、すべては鼻先に積まれたエンジンの重量の違いによるもの。パワーウェイトレシオはどちらも30ps/tとなる。

サスペンションもV8エンジンに合わせて手が加えられているが、基本的に車重の違いや前後重量配分の変化に最適化した内容だという。

今回は、オレンジ色のボディが映えるアメリカでの試乗となった。

どんな感じ?

シャシーとのバランスで勝るV8

AUTOCARの熱心な読者なら、われわれがW12のベントレー・コンチネンタルGTびいきなのはご存知だろう。しかし、V8エンジンモデルの方が価格が低いのにも関わらず、よりクルマとしては優れているという評価を今回も与えたいと思う。先代のコンチネンタルGTでも、W12よりもV8の方に高い評価を与えていたのだけれど。

まずその大きな要因が、V8エンジンモデルの方が、様々な面でバランスに優れていること。W12エンジンの場合、6.0ℓという大排気量が生み出す極太のトルク対し、シャシー側の余裕を感じ取れないことがあるのだ。オーバーパワーというわけではないのだが、エンジンの主張が強すぎ、シャシーは脇役に追いやられれている印象がある。名脇役ではあるが。

V8は、そのバランスで優れている。今回の試乗コースになったのは北米だったが、この国を運転した経験でも一番のつづら折りコースだった。アリエル・アトムで走るのに相応しいと思うほどに。しかし、コンチネンタルのV8エンジンは、シャシーを圧倒しているような印象は感じられなかった。

むしろコーナーのエイペックスをかすめ通るシャープさを備え、スロットル操作に対するレスポンスも上手。ステアリングには、より明確なコミュニケーション力が与えられている。機敏なスポーツカーのように、道を征服するという感覚ではなく、どちらかといえばアストン マーティンDB11 V8のようなフィーリングではある。だが、現代のベントレーの中では、間違いなくハンドリングでも運転する楽しさでも、ベストの仕上がりだと断言できる。

伝統的なグランドツアラーとして最上級

エンジン自体も驚くほど力強く、発するサウンドもW12の兄よりも魅力的で個性豊かなもの。低速トルクも圧倒的ながら、それを上手に操るダブルクラッチ・トランスミッションのプログラミングの賢さにも感心する。アクセルを踏み込んでキックダウンさせる場合でも、本当に必要な段数を選択して減速してくれる。しっかりエンジンを機能させ、雷鳴のようにひと吠えを誘導。スルスルと速度が上がれば、直ちにシフトアップしてまた平静が訪れる。

太いトルクを活かし、2000rpm程度の低い回転数でも聞き惚れるサウンドを奏でるように調律してある。われわれの持つベントレーのイメージ通りといえるだろう。

それ以外の特徴的な部分は、W12とまったく同じ水準が保たれている。乗り心地は極めて上質で、シートは現在販売されているクルマの中でも最高の仕上がり。インテリアはハンドクラフトの温もりで満ち、クルマは大きな山のように威風堂々としている。

もし極めて伝統的なグランドツアラーを探しているのなら、筆頭に検討したいところ。距離に関係なく最上級の快適さを約束してくれ、道を選ばず、最高のダイナミズムでこたえてくれる。目的地までのドライブが、これほどまでに快適に楽しめるクルマは、ほかには見つからないかもしれない。

「買い」か?

W12よりもベントレーの本質を突いている

ベントレーのモデルレンジを見れば、コンチネンタルGT V8より速いモデルもあるし、特徴で際立つモデルもある。わたしは30年以上に渡ってベントレーや様々なクルマを評価してきたが、路面を選ばないパフォーマンスを備え、ベントレーの本質を最高のカタチで体現したクルマという視点で見るなら、コンチネンタルGT V8が一番だと思う。

確かにベントレーとして、W型12気筒エンジンを搭載した、究極のモデルを求めるひとの気持ちも理解できる。高額なぶん、確かにGT V8よりはわずかに速いかもしれない。しかし、個性の面でもドライビングの楽しさの面でも、もちろん価格やランニングコストの面で見ても、V8モデルの方が実際には優位にある。

かといって、現状が頂点というわけでもないだろう。恐らくV8 Sもいずれ登場すると思う。このコンチネンタルGT V8よりもわずかにシャシーのシャープさが高められ、重量は軽くなるはず。そすれば、このベストのコンチネンタルが、更に良くなる可能性すらある。

ベントレー・コンチネンタルGT V8のスペック

■価格 14万8800ポンド(2023万円)
■全長×全幅×全高 4850✕1966✕1405mm
■最高速度 318km/h
0-100km/h加速 4.0秒
■燃費 -
■CO2排出量 -
■乾燥重量 2194kg
■パワートレイン V型8気筒3996ccツインターボ
■使用燃料 ガソリン
■最高出力 550ps/5750rpm
■最大トルク 78.3kg-m/1950rpm
■ギアボックス 8速デュアルクラッチ・オートマティック

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN アンドリュー・フランケル)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します