現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【ダイハツ タント 新型】奥平社長「なんとかナンバーワンは確保したい」

ここから本文です
ニューモデル 2019.7.10

【ダイハツ タント 新型】奥平社長「なんとかナンバーワンは確保したい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツ工業は主力の軽乗用車『タント』を全面改良し、7月9日から販売を開始した。新たな開発手法のDNGAを導入した第1弾で、最大540mmスライドする運転席の採用や運転支援システムを拡充したのが特徴。価格は122万400-187万3800円となっている。

ダイハツの奥平総一郎社長は同日、都内で開いた発表会で「タントは2003年に初代を発売し、スーパーハイト系という新しいジャンルを創出した。スーパーハイト系は現在では軽乗用車市場の45%と最も販売台数の多いカテゴリに拡大してきた。タントも非常に多くのお客様からご支持を頂き、ダイハツの基幹車種に成長した」と紹介。

    新型タントは価格や先進装備が魅力。N-BOXの上質感には勝てないが、ユーザー層も違っている

続けて「まさにタントは軽自動車のど真ん中といえる商品であり、若年から子育てファミリー、シニアの方まですべてのライフステージのお客様に最適な一台だと考えている。だからこそ軽自動車を起点としているDNGAの第1弾商品はタントとした」と、DNGA初出しにした経緯を説明した。

さらに奥平社長は「新型タントをより多くのお客様の暮らしに役立てて頂きたいという思いで機能、先進技術、デザインまで全方位で進化させた。ダイハツらしい良品廉価な一台になった」と述べた。

スーパーハイト系はタントが切り開いたものの、ここ数年はホンダ『N-BOX』やスズキ『スペーシア』の後塵を拝し、2014年度についた軽トップの座から遠ざかっているのが現状だ。

しかし奥平社長は「DNGAは10年戦っていけるという思いで開発している。ピラーインドアや運転席ロングスライドシートなど室内の使い勝手や広さでは勝てると思うし、操縦安定性や静粛性といった基本性能でも十分勝っている。そういう意味ではスーパーハイト系の中でも価値を認めて頂けると自信を持っている」と強調した上で、「今回も最初の年になんとかナンバーワンは確保したいと思っている」と意気込みを示していた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 小松哲也)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • cre*****|2019/07/10 03:36

    違反報告

    今回のタントは、明らかに前のモデルよりもデザイン的に悪くなった気がします。ノーマルはバンパー形状が安っぽいし、カスタムはいかつくしたかったのか、可愛くしたかったのかよく分からない中途半端なデザイン。リアはムーヴに続くガンダムデザイン。あと、最近の流行りなのか軽でオーディオパネルの枠をデザイン無視でデカくするのやめて欲しい。軽に10インチのナビとか付けないし。
  • ohn*****|2019/07/10 02:56

    違反報告

    どんなに便利でも、サイドのピラーレスのタントは安全性と言う点で使用する気にはなれない。
    そろそら室内スペースは、ほどほどにして安全性重視の軽自動車を開発して欲しいけど、そんなのは売れませんかね?
  • usi*****|2019/07/10 14:56

    違反報告

    N-BOX推しのホンダ党には残念だけど、TOPも夢じゃないね。
    幅の広い価格帯なので、選択度も自由。
    どんどん頑張ってネガキャンしてくださいw
    ランキング楽しみw

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します