現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【試乗】MHEVに先進装備! 8年ぶりに生まれ変わった新型レンジローバー・イヴォーク

ここから本文です
ニューモデル 2019.7.8

【試乗】MHEVに先進装備! 8年ぶりに生まれ変わった新型レンジローバー・イヴォーク

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新たに48Vマイルドハイブリッド搭載グレードを用意

 2011年に発売され、日本には2012年に上陸したレンジローバーのラグジュアリーコンパクトSUV・イヴォークは、コンセプトカーFRXのデザインをほぼそのまま市販車として再現した、デザインコンシャスな新世代レンジローバーとして世界中で注目され、センセーショナルを巻き起こし大ヒット。レンジローバーとしてはリーズナブルな価格設定もあり、現在、もっとも販売台数を伸ばしているレンジローバーの中核モデルになっている。

    2020年モデル限定グレードも用意! 高級コンパクトSUVの筆頭格レンジローバー・イヴォークに新型が登場

 そんな世界で210以上もの賞を受賞した経歴ある、「デザインで選ぶユーザーがほとんど」というイヴォークが(もちろん、悪路走破性はレンジローバー基準)、8年ぶりにフルモデルチェンジを行い、日本でも2019年6月から販売されている。

 新型はどこから見ても、コンセプトカーそのものの「イヴォークデザイン」だ。売れたクルマの2代目の宿命とも言えるキープコンセプトで、ワイド&ショートかつクーペライクな、引き算の美学と言えるデザイン理念を取り入れたエクステリアデザインが特徴的。ちなみにボディサイズは全長4380mmに対して全幅は1905mmもあるのである。

 先代との見分けがつきにくい……というのは、実際、新型を目の当たりにした筆者も同感だが、プラットフォームは電動化に対応する、まったく新しいPTA(プレミアム・トランスバース・アーキテクチャー)を採用。ドアヒンジを除く99%が新設計となる。ホイールベースも20mm延長され、後席ニースペース、ラゲッジスペースの奥行き拡大にひと役買っている。

 新型のハイライトはまず、パワーユニットだ。エンジンはすべて2Lターボで、P300のジャガー・ランドローバー初搭載となる48Vバッテリー、コンバーター、ベルトインテグレーテッドスタータージェネレーター(BISG)搭載の300馬力、MHEV(マイルドハイブリッド)仕様が新しい。そしてD180に積まれる180馬力のクリーンディーゼルターボ、純ガソリンターボのP200(200馬力)、おそらく日本における主力グレードなりそうなP250の249馬力などがそろい、ミッションはすべて9速ATとなる。駆動方式はもちろん、全車、レンジローバー自慢のAWDである。(写真はP250)

 P300 MHEVには前後輪のトルク配分をシームレスに可変させるアクティブドライブラインを装備。通常は前後50:50のトルク配分だが、走行状況に応じてトルクを後輪左右、または前輪のみに配分し、オンオフを問わないハイレベルな走行性能を実現しているという。これはブレーキをつまむ、スバルなどのトルクベクタリングコントロールとは違う、トヨタRAV4に新採用された後輪左右のトルクを別々に制御(0~100)するトルクベクタリングコントロールと、4WDを必要としない場面で後輪への動力伝達を切り離し、燃費を向上させるディスコネクト機構を備えたダイナミックトルクベクタリングコントロールに近いものと言える。

 悪路の状況を確認できる画期的なカメラシステムも搭載

 新型イヴォークの新しさはそれだけにとどまらない。10インチのタッチスクリーンをふたつ設けた最新のインフォテイメントシステム、および、世界初のClearSightグラウンドビューを標準装備。時速30km/h以下で作動するClearSightグラウンドビューは、フロントグリル、両ドアミラーに設置されたカメラで撮影した映像を処理し、タッチスクリーン上に前輪とともに映し出し、フロント下180度の視覚を確保。段差のある路面や、オフロードの狭い悪路走行時の軌跡確認、日常では縁石との接触対策として機能する(映像処理時間のタイムラグあり)。

 さらに、日本車ではそう珍しくはないものの、ラゲッジに背の高い荷物を積み、後方視界が得られなくても、ルームミラーにカメラによる車両後方映像を映し出し、安全視界を確保できるClearSightインテリアリヤビューモニターもジャガー・ランドローバーとして初採用しているのだ。

 イヴォーク初採用の機能としては、オート/コンフォート/ダイナミック/エコ/草・砂利・雪/泥・わだち/砂地の7つのモードを選択できるテレインレスポンス2がある。ちなみに、日本ではほぼ利用しないと思われるが、最大渡河水深は、先代の500mmから600mmに高まっている。

 そうそう、イヴォークのようなプレミアムコンパクトSUVを手に入れれば、大きな荷物を積み、愛犬とともにアウトドアへ出掛ける機会も多いと思うが、新型のラゲッジスペースは容量の拡大だけでなく、後席が4:2:4分割になり、アレンジ性も格段によくなっている。ラゲッジルームの寸法は、実測で開口部地上高約75cm、開口幅約104cm、左右にレールが敷かれたフロアの通常奥行き約80cm、後席格納時フロア奥行き約144cm、フロア幅約104cm、最低天井高約70cmとなる。

 とくに愛犬家にとっては、ペットプロダクツの専用カタログが用意されるぐらいで、多彩なペットアクセサリーが揃う(ペットキャリア、ウオーターボウル、ポータブルシャワーシステム、キルティングロードスペースライナー、ペット用スロープ)。それだけでなく、後席中央部分のみ倒すことで、ラゲッジルームとリヤバンパーを汚れやキズから守る「キルティングロードスペースライナー」で覆われたラゲッジルームに乗った愛犬に、後席に吹き出し口もあるエアコンの風が届きやすく、キャビンの飼い主とのアイコンタクトもしやすく、より安全快適に乗っていられるメリットもある。

 今回、主に試乗したのは、646~821万円の価格レンジのなかでもっとも買い得感の強い、249馬力仕様のSE P250(646万円)である。装着タイヤはなんと、イヴォークのスタイリングを完結させる、迫力満点の大径235/50R20サイズで、OPで21インチの用意もあるというから驚きだ。

 運転席に乗り込めば、10インチのタッチスクリーンをふたつ設けた、最新のインフォテイメントシステムなどによる先進感、そしてレンジローバーならではの上質感たっぷりのインテリアに満足できる。Bピラーや天井がスエード調張りになっているところもさすがである。

 ところで、SE P250のシートはファブリック仕様だったが、体重65kgの筆者にとって、張りの強い本革シートよりはるかに快適かつ、適度な沈み込みによるホールド感あるものだった。また、後席から降車する際のシートサイドのたわみ量も大きく、スルリとスムースに降車ができた。シートサイドが硬いと、お尻を滑らすことができず、地面が遠く感じられるものなのだ。

 SUVらしからぬ軽快な走りがP250の持ち味

 走行性能はズバリ、レンジローバーらしからぬ(!?)エンジンとステアリングのレスポンスの良さがもたらす軽快感とカジュアル感あるテイストだった。山道でもステアリングを切れば、間髪を入れずにノーズが反応。クイックと言えるほどキビキビした操縦性を、抜群のロードホールディング性能とともに発揮する。

 レンジローバーと言えば、しっとり重厚……そんな乗り味を想像すると、拍子抜けするほど軽やかで爽快だ。動力性能は大人の男性3名乗車+撮影機材の荷物でも十分以上。とにかく、トルキーというより軽快に加速する。

 乗り心地は、20インチタイヤの装着で、さすがに硬い。良路ではともかく、荒れた路面、段差でのショックは少なくない(とくに後席)。ロードノイズの侵入ボリュームも、例えばジャガーの最新SUVと比較すると大きめだ。それをスポーティ&カジュアルと理解するか、レンジローバーなのだからもう少し快適であってほしいと思うかは、これまでの車歴、イヴォークに何を望むかによって別れると思うが、個人的には後者、という印象だ。

 もう1台、試乗したのがトップレンジのR-DYNAMIC HSE P300、つまり、イヴォークのトップモデル、レンジローバー初のマイルドハイブリッド仕様だ。そもそも最高出力が300馬力もあるため、出足のモーターアシスト感はあるような、ないような、程度の感覚だが(実際にはある)、エンジンの濃厚でトルクフルな回転フィール、ステアリングのしっとり重目のタッチからして別物。さらに乗り心地にしても、レンジローバーらしい重厚でしっとりしたタッチを示してくれるのだ。

 つまり、見た目のスタイリッシュさに合うカジュアルが際立つSE P250、英国伝統のレンジローバーらしい走りの高級感さえ併せ持つHSE P300ということになる。悩ましいのは、HSEの価格はマイルドハイブリッドとはいえ、801万円に達すること。すなわち、レンジローバースポーツとイヴォークの中間に位置する、上級のレンジローバー・ヴェラールSとほぼ同じになってしまうのだ。

 ならば、今回はクローズドコースでの試乗となった、クリーンディーゼルターボのSE D180がけっこう狙い目かもしれない。180馬力で出力は穏やかながら、トルクはSE P250の365N・m/1500~4500rpmに対して、430N・m/1750~2500rpmと豊か。ドライブフィールはSE P250側に近いものの、エンジントルクがもたらす、レンジローバーらしい走りの濃厚感ではこちらが上のようにも思える。価格も667万円とSE P250の646万円と大きく変わらない。ちなみに価格にはテレインレスポンス2、ナビゲーション、360度サラウンドカメラなどの装備が含まれ、それはHSE P300とほぼ同等なのである。

 予算に余裕があり、デザインとレンジローバーらしい走りの高級感で選びたい! というなら、レンジローバー初のマイルドハイブリッド仕様のHSE P300を薦めたいが……。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 青山尚暉)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します