現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 安全装備の充実によりサポカーSワイド対象モデルも登場! トヨタが「ポルテ」「スペイド」を一部改良

ここから本文です
ニューモデル 2019.7.5

安全装備の充実によりサポカーSワイド対象モデルも登場! トヨタが「ポルテ」「スペイド」を一部改良

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 おしゃれなツートーンカラーも選択可能!

 トヨタ自動車は2019年7月3日(水)、「ポルテ」「スペイド」を一部改良して発売した。また改良に合わせて、それぞれ特別仕様車を設定。ウェルキャブ(メーカー完成特装車)にも、ベース車と同様の改良を施している。

    隣近所は皆同じ! 石を投げれば当たるほど売れまくったトヨタ車7選

 今回の一部改良では、安全性を向上。予防安全パッケージToyota Safety Senseにおいて、昼間の歩行者も検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)を採用している。

 オプション設定として、駐車場などでアクセルとブレーキのペダル踏み間違いでの衝突被害軽減に寄与する安全機能「インテリジェントクリアランスソナー」[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を用意。装着車は「セーフティ・サポートカーS 」(通称サポカーS)のワイドに相当する。

 ボディカラーについては、ポルテはモノトーン7色とボディ上部に新色のアッシュグレーメタリックを組み合わせたツートーンカラー3色を用意。スペイドには、モノトーンカラー7色を設定するとともに、ブラックのカーボン調ルーフフィルムを組み合わせた3パターンのカラーバリエーションを設定した。

 そのほか、マルチインフォメーションディスプレイの燃費や航続可能距離情報などの視認性を高める改良も施している。

 加えて、それぞれのFグレードをベースとした特別仕様車「ポルテ F “Raffine(ラフィネ)”」と「スペイド F ”Noble collection(ノーブルコレクション)”」を設定。革調シボ付ルーフフィルム、合成皮革とファブリックを組み合わせた専用シートなどを採用し上質感を高めるとともに、インテリジェントクリアランスソナーも装備している。

 メーカー希望小売価格は、182万8440円~212万8680円。特別仕様車は200万7720円~215万8920円。ウェブキャブは196万3000円~276万9000円(税込)。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します