現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 惜しまれつつも生産終了……メルセデス・ベンツSLCの最後の特別仕様車が登場

ここから本文です
ニューモデル 2019.7.1

惜しまれつつも生産終了……メルセデス・ベンツSLCの最後の特別仕様車が登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 初代SLKをオマージュした爽やかなサンイエローの外装色を設定

 メルセデス・ベンツ日本は6月28日、メルセデス・ベンツ「SLC」に最後の特別仕様車「SLC Final Edition」を追加し、発売した。

    本当にお買い得なのか? 特別仕様車の中身を徹底分析

 SLCは1996年に世界初の電動開閉式ハードトップ「バリオルーフ」を備えた全天候型オープンカー「SLK」として登場。現行モデルは2016年にメルセデスのロードスターを表す「SL」と車格を表す「C」を組み合わせ、SLCへと名称を変更した。

 特別仕様車「SLC 180 Sports Final Edition」はSLC 180 Sportsをベースに、外装色に初代SLKをオマージュした有償オプションのサンイエローを設定。他にも、ポーラーホワイトやオブシディアンブラック、ダイヤモンドホワイト、セレナイトグレーの5色から選ぶことができる。

 特別仕様車専用ハイグロスブラックペイントの18インチAMG 5スポークアルミホイールを標準装備している。また、フェンダーには専用の「SLC FINAL EDITION」バッジをあしらった。

 インテリアには特別仕様車専用のブラックとシルバーパールの2トーンカラーのナッパレザーシートを採用。カーボンパターンエンボスが入った専用シフトレバーとステアリングを装備した。

 また、カーボンパターンが特徴のブラシュアアルミニウムインテリアトリムを随所に採用し、スポーティな室内空間を演出している。

 オプション装備として「マジックスカイコントールパノラミックバリオルーフ」を設定。スイッチを押すだけでルーフトップの透過率を瞬時に変更し、クリアモードとダークモードを自在に切り替えることができる。ルーフを閉めた状態でも快適なオープンエア気分が味わえるようにした。

「メルセデスAMG SLC 43 Final Edition」はSLC 43をベースに、外装色にはサンイエローのみを採用。特別仕様車専用マットブラックペイント18インチAMG 5スポークアルミホイールを標準装備した。

 インテリアにも特別仕様車専用のブラックとシルバーパールの2トーンカラーのナッパレザーシートを採用し、SL 63と同じ専用SAMG E-SELECTレバーと「AMG EDITION」ロゴが下部に配されるセンターマーキング付き専用デザインステアリングホイールを装備する。シートだけでなく、室内の随所にも上質なナッパレザーを取り入れている。

 メーカー希望小売価格(税込み)は、SLC 180 Sports Final Editionは595万円、メルセデスAMG SLC 43 Final Editionが989万円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します