現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディSQ8発表 英と欧州、435psのV8ディーゼル搭載 435ps/91.8kg-m

ここから本文です
ニューモデル 2019.6.25

アウディSQ8発表 英と欧州、435psのV8ディーゼル搭載 435ps/91.8kg-m

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 欧州で最も強力なV8ディーゼル・エンジン
ー エア・サスペンション/カーボン・セラミック・ブレーキが標準
ー 英国や欧州以外の地域ではガソリン・エンジンを搭載

    アウディSQ8 すべての画像をみる

欧州で最も強力なV8ディーゼル・エンジン

アウディが、フラッグシップSUVの高性能モデル「SQ8」を発表した。エンジンはV8ターボディーゼルにマイルドハイブリッドを組み合わせ、最高出力435psを発生する。

このアウディQ8に加わった最高性能バージョンが搭載する4.0ℓツインターボ・ディーゼルは、欧州で販売されている最もパワフルなV8エンジンだ。

最大トルクは91.8kg-mを発生し、5人乗りクーペ風大型SUVを0-100km/hまで4.8秒で加速させる。最高速度は250km/hで電子制御リミッターが作動する。

このディーゼル・エンジンは燃料消費を抑えるため、低速域では2基のターボチャージャーのうち1基を停止させる。48Vのマイルドハイブリッド・システムは、クランクシャフトに接続されたベルト駆動のオルタネーター・スターターが減速時に最大12kWのエネルギーを回生。このシステムによって、55~160km/hの間で最大40秒間、エンジンを始動させずに惰性走行が可能だ。

エンジンのパワーは8速オートマティック・ギアボックスを介して四輪を駆動する。オプションのアドバンスト・サスペンション・パッケージに含まれるスポーツ・ディファレンシャルは、コーナリング時に左右の後輪の間でトルク配分を調整する。

エア・サスペンション/カーボン・セラミック・ブレーキが標準

標準装備のアダプティブ・エア・サスペンションは、車高を最大90mm可変できる。電気モーターをボディの動きを抑制するために利用するエレクトロメカニカル・アクティブ・ロール・スタビライゼーションも装備する。

オプションの四輪操舵は単独でも装備できるし、アドバンスト・サスペンション・パッケージを選べばそれに含まれる。

SQ8のホイールは21インチが標準だが、22インチも選択可能。カーボン・セラミック・ブレーキは標準装備だ。

SQ8はエクステリアのデザインにもQ8から多くの変更が見られる。Q8にはフォルクスワーゲン・グループのMLBエヴォ・プラットフォームが使われており、より実用性が高いQ7と多くを共有している。

S仕様のグリルにはマットシルバーのフレームとLEDヘッドライトが組み合わされ、新しいアルミニウム・エフェクト・ミラーハウジングを装備。エア・インレットも拡大されている。リアはマットブラック仕上げのディフューザーや、4本出しのエグゾーストが特徴だ。ブラック・スタイリング・パッケージを装着すれば、さらに差異化することができる。

英国や欧州以外の地域ではガソリン・エンジンを搭載

インテリアは他のSモデルと同様、ブラックを基調にレザーとアルカンターラが組み合わされている。Sのロゴが型押しされたシートやステンレス製ペダルおよびフットレストを装備し、ドアシルにはアルミのインレイが標準で装着される。

SQ8もQ8と同じく、センターコンソールのツイン・スクリーンや、アウディ・ヴァーチャル・コクピットと呼ばれるデジタル・インストゥルメント・クラスターを装備。画面にはS専用のグラフィックが表示される。

英国では数カ月以内に販売が始まる見込みだ。価格はまだ発表されていないが、Q8の最上位モデルである55TFSIの8万815ポンド(1105万円)より、さらに高くなることは間違いないだろう。

SQ8は、英国と欧州ではターボディーゼル・エンジンのみが搭載される。その主な理由は、EUのCO2排出量目標値に合わせるためだ。他の市場ではガソリン・エンジンを搭載して販売される予定だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します