現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 今週、話題になったクルマのニュース4選(2019.6.22)

ここから本文です
ニューモデル 2019.6.22

今週、話題になったクルマのニュース4選(2019.6.22)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(2019.6.22) @DIMEに掲載された今週の車関連のニュースの中から、編集部がチョイスした記事を紹介します。読み逃した方も、これを読んで最新のクルマトレンドがおさらいしよう!

今週、話題になったクルマのニュース4選(2019.6.22)

    SUBARUがクロスオーバーSUV「アウトバック」の新モデルを公開

ベトナムの自動車メーカー「VINFAST」が発売する初の国産車はコンパクト、セダン、SUVの3タイプ

ベトナム初の国産車として、計画発表当初から話題を呼んでいた「VINFAST」。 地場系コングロマリットのビングループ傘下となる自動車及び二輪車メーカーであるVINFASTだが、電動バイクに関しては2018年11月、自動車に先駆けて既に販売と運用がスタートしており、電動バイクは既にホーチミン市内を中心に走行している。価格は3,500万ドン(約16万7,000円)前後。

【参考】https://dime.jp/genre/729073/

ベントレー「Flying Spur」

Bentley Motorsは、世界最先端のラグジュアリーグランドツアラーと謳うスポーツセダン、新型Flying Spurの詳細を発表した。 自らステアリングを握るも、後席に座るもよしという新型Flying Spurは、リムジンのような贅沢さとスポーツセダンの性能を兼ね備えたクルマ。その姿はこれまでにない威厳を放ち、インテリアを世界トップレベルの上質なデザインで彩り、ユーザーを第一に考えた最新技術を搭載している。

【参考】圧巻の6ℓツインターボチャージドW12エンジン搭載!全てが洗練され、進化を遂げたベントレーの新型「Flying Spur」

今後5年以内にボルボ車の3分の1が完全自動運転車に!ボルボとUberが共同開発する自動運転カーの野望

ボルボ・カーズと配車サービスのリーディングカンパニーであるUberは、戦略的な提携の次のステップとして、共同開発による自動運転のための生産車を発表した。 Uberとボルボ・カーズは、2016年に共同技術開発の契約を締結し、自動運転車の自社開発を加速させるためいくつもの試作車を開発。今回発表したSUVのボルボXC90は、Uberの自動運転システムを組み込んで完全な自動運転を可能にする、初の生産車となる。

【参考】https://dime.jp/genre/728135/

Jeep「Wrangler Unlimited Rubicon Sky One-Touch™ Power Top」

FCAジャパンは、Jeepの本格オフローダー「Wrangler Unlimited Rubicon(ラングラー・アンリミテッド・ルビコン)」に、電動開閉式ルーフ「スカイワンタッチパワートップ」を装備した限定車「Wrangler Unlimited Rubicon Sky One-Touch™ Power Top(ラングラー・アンリミテッド・ルビコン・スカイワンタッチパワートップ)」を設定。

【参考】完売必至!ジープ「ラングラー・アンリミテッド・ルビコン」に電動開閉式ルーフ搭載の限定モデルが登場

構成/チーム@DIME

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(@DIME )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します