現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 車名に秘められたゆえん 23選 後編 フィアット「500」からトヨタ「カローラ」まで

ここから本文です
ニューモデル 2019.6.22
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィアット「500」

ポップなスタイリングのフィアット500だが、オリジナルは1957年に発表されたリアエンジンのコンパクトカー。戦後のモータリゼーションを支えるべく、安価で小さく、ベスパなどスクーターからのステップアップ層をターゲットに設計されたクルマだった。

    価値が下がりづらい、中古パフォーマンスカー 16選

オリジナルモデルは479ccの2気筒エンジンを搭載し、最高出力は13ps。500の車名は、排気量を四捨五入した数字から来ている。当時のフィアットでは一般的な手法であり、633ccの4気筒エンジンを搭載したクルマは、650ではなく、600と名前がつけられている。(AUTOCAR JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • yqb*****|2019/06/22 18:06

    違反報告

    トヨタといえばクラウン(王冠)に始まりコロナ(日冠・・にちりん?)、カローラ(花冠)と明確な考え持ってましたね。ほとんど同じ意味合いと言っても良いくらい。そしてついに「カムリ(冠)」をネーミングしたという流れ。
    そういえば少し前のトヨタ車、すべて"C"で始まる名前でした。カリーナもセリカもセンチュリーも・・・ 一般公募のパブリカは例外だったけど短命に終わったし。スプリンターもカローラの派生モデルだったし。
    だからソアラとかターセル出たときはちょっと話題になったものでした。C、じゃないとw
    「カムリ」は良い名前ですね。数少ない、スバルやアスカ(いすゞ)と並ぶ日本語由来だし。
    米ストックカーレースでも大活躍だけど、出来ればスープラに変えず「カムリ」のままで戦ってほしいです。
  • kyo*****|2019/06/22 18:30

    違反報告

    商標についてのプジョーの主張はネタとしか思えんな。あと、3桁の数字で真ん中が0と言えばフェラーリにもそういうのあったんだけどそっちには噛みつかなかったのかな。
  • kat*****|2019/06/22 19:36

    違反報告

    マツダの数字はマツダ的車格だっちゅうの…。
    MXはマツダのレシプロエンジンクーペで共通。

    むしろミアータの解説してみてよ。どうせ妄想書くだけかも知れませんが…。

    これじゃあ他車も適当な妄想書いてる可能性大ですよね…。やれやれ…(。-ω-)。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン