現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス・ベンツ GLEがフルモデルチェンジ

ここから本文です
ニューモデル 2019.6.19

メルセデス・ベンツ GLEがフルモデルチェンジ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本は、新型「GLE」を発表し、2019年6月19日より注文の受付を開始した。なお、納車は「GLE 450 4MATIC スポーツ(ISG搭載モデル)」は6月19日から、「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」は8月以降、「GLE 300 d 4MATIC」は11月以降の予定となっている。

車両概要

    【ニュルブルクリンク】TOYOTA GAZOO RacingはGRスープラとレクサスLCで参戦

「GLE」は、メルセデス・ベンツSUVの中核モデルとして位置付けられ、SUVらしい力強さとスポーティネスを表現したエクステリアデザイン、上質感溢れる内装、オンロード、オフロードともに優れた走行性能を備えた「プレミアムSUV」だ。2015年10月には名称を現在の「GLE」に改め、EクラスファミリーのSUVとしての位置づけを強化している。

4世代目となる新型GLEは、内外装デザインを一新し、最新技術と装備を搭載。室内スペースが大幅に拡大し、GLEとして初めて3列目シートを設定し乗車定員が7名となったほか、新型Aクラスで導入したインフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」と最新の安全運転支援システムを備えている。

ラインアップは、GLEとして初の4気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載した「GLE 300 d 4MATIC」、直列6気筒クリーンディーゼルエンジンの「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」、直列6気筒ガソリンエンジンと「ISG」を搭載した「GLE 450 4MATICスポーツ」をラインアップした。

パワートレーン

「GLE 300 d 4MATIC」には、出力を一層高めた、2.0L直列4気筒クリーンディーゼルエンジン「OM654」が搭載され、最高出力245ps(180kW)、最大トルク500Nmを発生。振動、騒音も低減されており、快適なドライブが実現する。また、シリンダーブロックと、ピストンに熱膨張率の異なる素材を採用することや、メルセデス・ベンツが開発した表面コーティング「ナノスライド」を導入することで、摩擦を低減し効率性を向上させている。

さらに、排出ガス浄化経路の短縮やsDPF(DPF with SCR Coating 選択触媒還元法 コーティング付粒子状物質除去フィルター)を採用するなど、排気の浄化にも注力して開発され、欧州において導入されているRDE(実路走行試験)規制に適合したエンジンとしている。

「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」には、最高出力330ps(243kW)、最大トルク700Nmの3.0L直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」を搭載。2ステージターボチャージャーを使用し、小さいタービンにはさらに可変タービンジオメトリーを採用しており、低回転域から高回転域まで全域でトルクフルな加速をする。効率性や環境性能の追求はもちろんのこと、低振動でも高い静粛性がある。

「GLE 450 4MATIC スポーツ」のパワートレーンは、コンパクトな3.0L直列6気筒ガソリンエンジン「M256」とともに、「ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)」、「48V電気システム」などの新技術を搭載することにより、効率性、快適性、高性能化を同時に実現。

エンジン単体で最高出力367ps(270kW)、最大トルク500Nmを発生させ、さらに、エンジンとトランスミッションの間に配置された、最高出力16kW、最大トルク250Nmを発生する電気モーター「ISG」と、「48V電気システム」により、従来のハイブリッド車のような回生ブレーキによる発電を行ない、約1kWhの容量のリチウムイオンバッテリーに充電する。

低回転時には、その電力を利用して動力補助を行なうことで、高い効率性と、力強い加速を実現する。スターターが従来より高出力な電気モーターとなることで、エンジン始動時の振動を抑え、エンジンスタートおよびアイドリングストップの際の再スタートの快適性が向上している。

4MATIC(4WD)

新型GLEは全モデルで、9G-TRONICオートマチックトランスミッションを採用。1速から9速までの変速比幅が広いことから、エンジン回転数が大幅に低減され、効率と快適性を実現。「GLE 300 d 4MATIC」には、前後50:50の固定トルク配分となる4MATICを、一方で、「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」と「GLE 450 4MATIC スポーツ」には前後100-0%~0-100%の連続可変のトルク配分を行な新開発のオンデマンド式4MATICを採用している。

MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)

新開発の対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エク スペリエンス)」の最大の特長の1つが、人工知能による学習機能で、自然対話式音声認識機能を備えたボイスコントロールがあり、「はい、メルセデス」をキーワードとして起動する。

標準装備される新型自然対話式音声認識機能は多くのインフォテインメント機能(目的地入力、電話通話、音楽選択、メッセージ入力・読み上げ、気象情報)に加え、クライメートコントロール、各種ヒーター、照明など多様な便利機能にも対応する。

MBUXの音声認識機能は、自然言語認識機能の搭載により、事実上ほとんどの命令に従い、インフォテインメントおよび車両操作関連の文章を認識・理解する。人間が機械に合わせるのではなく、機械が人間に合わ、遠まわしな表現にも対応する。

例えば、クライメートコントロールで温度を下げる場合、「温度24度」という明確な命令ではなくても、「暑い」と言えば理解する。また、学習能力も備え、クラウド上のソフトウェアモデルによって新しい流行語を覚えたり、時代による言葉の用法の変化を学習したりする。

言語支援機能の基本的動作原理は、音声入力からバックグラウンドノイズを除去し、圧縮して転送。ボイスコントロールは、車載コンピューターとクラウドの両方を使って音声をできるだけ正確に理解し、ユーザーの要求に応えるハイブリッドシステムとなっていまる。

車載コンピューターとクラウドの両方でデータを評価し、それぞれ応答を送り、システムはどちらの応答がより確からしいかを判断し、数秒以内に応答/反応する。このようなハイブリッド方式とした結果、MBUXは他の多くの支援機能とは異なり、インターネットに接続しない状態でも応答できるシステムとなっている。

【税込価格】

GLE 300 d 4MATIC

  • 右ハンドル
  • エンジン:2.0L、直4直噴ディーゼルターボ
  • 940万円(10%消費税)
GLE 400 d 4MATIC

  • 右ハンドル
  • エンジン:3.0L、L6直噴ディーゼルターボ
  • 1089万円(8%消費税)
  • 1109万円(10%消費税)
GLE 450 4MATIC スポーツ(ISG 搭載モデル)

  • 右ハンドル
  • エンジン:3.0L、L6直噴ターボ
  • 1132万円(8%消費税)
  • 1153万円(10%消費税)
メルセデス・ベンツ GLE 関連記事
メルセデス・ベンツ 関連記事

メルセデス・ベンツ 日本公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します